< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2013年05月05日

エッセンシャル・ダメージケア2の巻




 お久しぶりです山内です。

 今度の個展は「みどりの思い出」です。

 あと、盛岡のシグアートギャラリーさんで開催中のZINE STOP 2 TOHOKUにも志願し出品しています。行ったりする方は私も志願し出品している事を思い出していただけるとうれしいです。

 時は過ぎましたが、今年もやはりアラバキロックフェスティバルの津軽ステージの装飾チームに無事はいれて、ぬいぐるみなどを投入する事ができました。加藤さんに新ブリキも形成していただいて、もう塗りたくってやりました。俺と六郷と八木山のすべてをです。毎年お世話になっております。

 見れたライブコンサートはすべてよかったです。サマーソルジャーを聴けたのがその中で特に印象に残っています。

 なこなウルモフでは19、20歳を決定的にカセットにぶち込んだあと、画期的な制作物をつくる算段を今つけています。いまヒロインの顔書いてます。

 また、年末に中古屋で買ったアメリカ製のジーンズのなじみに関しては非常に満足しています。ズボンだけでこれだけアメリカ人の顔に近づけたことは、収穫(ハーヴェスト)です。

 これから真夏へ向かって行く六郷ですが、決しておこたらねえようにいたしましょう。真夏にそなえ、決しておこたらねえようにいたしましょう。

5月吉日 山内文貴
  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:50Comments(0)制作日誌

2013年04月12日

エッセンシャル・ダメージケアの巻

来月からピクニカで個展10ヵ月連続でやります(十番勝負)

意味もなく、毎月ミニ個展やります。

仙台でやるなら10ヵ月連続しかない。(?)



追伸

今月はいまエノマで菅野麻衣子さんの個展、下旬に麻生日出貴さんの個展があります!見に行き、体を浸しましょう
  

Posted by yamanouchifumitaka at 04:12Comments(0)四季おりおり

2013年03月30日

プロケッズのジーンズは昔ほんとに売ってたの巻




ピクニカポスター展31日まで!

・スタローン熱がなんとなく再燃し、やたら見た

・流れでブラッド・ピット熱も再燃

・映画というよりハリウッドスターが好きで、さらに言えば吹き替えをしている声優さんの方が好きなんじゃないかと思う

・なこなウルモフに動けそうな気配が出てきた・・・  

Posted by yamanouchifumitaka at 03:03Comments(0)制作日誌

2013年03月08日

ヘチマを干すその日まで…!3の巻


片づけてたら捜していた10年前に作ったターンXとフラットが見つかった!

当時は注目度の低さから、HGやMGでのリリースは無く、ターンA独自プラモシリーズ(青い箱のやつ)のみでのリリースだった

500円とか安いシリーズだったのでパーツ数が限られたのだと思うけど、フラットとスモー(コッチは見つからない)の完成度には賞賛を惜しむべきではない

・今日夏の匂いしましたね。夏が来る

・サドの本を不意に読む巡り合わせで読む。目を見張るほど変態すぎて気になったけど、私には最終的に関係ないものだ

・そのながれで澁澤龍彦も、奇書も、アングラ全般も、僕が踏み入れたときに全盛を迎えた、サブカルと捉えられたキワ物のほとんどが、私には最終的に関係ないものだ

・そして手元に図らずも残ったものと、自分の作ったものにヒく感覚の間に自分の中のわずかながらの変態性がある

・その変態性と、早朝にニュートリノやヒッグス粒子に身をゆだねながら草の匂いがよぎったときの自分のあられもないガチ顔の間に、自分の中のわずかながらの最終的変態性がある。

・漢検DS、3級合格した
  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:29Comments(0)四季おりおり

2013年03月03日

ヘチマを干すその日まで・・・!2の巻




「FALL IN FIRE」F25 透明水彩(個人蔵) 個展その8より

 今回の個展の核と思っていた作。伝わって良かった。僕の全てであるこいつらがこのままでいるために試されている、このままでいるために自転車のこぎ方さえも変えなくてはいけない過渡期のドキュメントをはっきり言えた。

・深夜にワサビーフが染みるぜ

・おいこら東京の知らない人たち、俺のひし形の絵買えや

・ハハハ・・・、ハハハハ・・・

・濃い絵って最終的に何かなと考えると、原始かその人自体濃いしかない。高橋聖人くんが仙台では一番濃い。聖人くんがやばい事に関しては8年間言い続けてる。僕だけは絶対に聖人くんの絵を忘れない

・漢検DSやりたい  

Posted by yamanouchifumitaka at 03:02Comments(2)制作日誌

2013年03月02日

ヘチマを干すその日まで・・・!の巻




・年度末である。ボーイスカウトの年度末は8月なので関係ないのである。

・エノマ開催中のエノマ賞受賞者展を見た。意気込みを感じたし、世界観も感じた。できない人にはできないちゃんとした展示で感服。

・オーバーグラウンドの表現者の話を聞く機会があった。圧倒されたのはこまかい個人的な話なので置いといて、話の中からその方のそのフィーリングで戦える場所があるという事が読み取れ、うれしくなった。すでに受け取ることができた。

・八城さんとけんた君にすすめられたメディアテイクーの見過ごしてきたものを見た。見れて良かった。このままの空気に浸り続けられない仙台。力になれるか確認取れないけど本人は気にするべきではないのでとりあえず自分の手は休ませずにやりたい。話は変わるがsmtの本屋のツボの押さえなさはインスタレーションか。

・大きなショックのあとの感情を精密に舵を取れるところまで来ているはずだ。ほんとうに終わりの無いことだけど誠実に皮膜を破れるところまで・・・。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:29Comments(0)制作日誌

2013年02月21日

呂比須4の巻(アレしましてありがとうございましたの巻)




 永遠に藤子・F・不二雄先生の影響下に・・・

 東北生活文化大学(貴がつく人の)ホット・ラ・イン完結編「虚無ちゃん対天国と地ごくちゃん」を平穏無事に撤収させていただきました。実際はこのあとも切れ目無く何処かで東北生活文化大学かんけいの方々の展示がやってますので、東北生活文化大学ホット・ライ・ンは途切れながらも続くのですバイスピッツ。

 全く受付に居やしない太郎作家に、みなさまのあたたかい御名前、御住所、御感想、お花、お食べモツ、御なめねこ、おドラ人形、お買い上げ・・・深く頭脳に染み入りましてございます。ありがとうございました。

 この度は以前2週やったときのどうしようもないメンタル疲労感を憶えていながら2週展示でやらせていただきました。セルフコントロールがどうなの微妙じゃないのという感じではありましたが、TMのセルフコントロールは自己コントロールという意味ではないし、僕は永遠にTMNETWORKの影響下から抜け出す事はできないからだになってしまったので宇都宮さんの言う通りにしようと思います。

 今回の準備は思考的に追いつめられ、必然的に期日も詰まっていき、ラスト1週間での準備になりました。その分手数の少なさにキレた方々にはほんとすいませんでした。が、今の気分に抜けられた事に感謝するばかりです(五分サンに)。

 今回明確に今まで執拗にこだわり続けた「放課後/夕暮れ/夏服で」からプリッと抜け出たようになれた(すいませんがこのあとも主観での感想が続きます)のは、今まで別腹だった六郷キャラクター(かがみもち、青りんごなど)が僕の中のわずかながらの変態性思考の中で根っこのところが融合してきたことが理由かと思い至っております。

 しかしながら今の気分の状態に冷静になるにつれて不意にこぼしたところもあるように思えますので今年は経済的に良心的なピクニカ1週間で、2ヶ月ないし1,5ヶ月に1回展示をして思うように僕はできるもんなのだろうかと考えてみたいと最終的に思いました。

 次回5/21〜26at PICNICA『ストリートファイター(ハリウッド版)』もどうぞよろしくおねがいします。個展名は仮です。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:02Comments(0)感想

2013年02月18日

山内文貴展その8/虚無ちゃん対天国と地ごくちゃん撤収の巻



ありがとうございました。詳しくは明日書き記させていただきます。またお会いできる日を心待ちにしております。  

Posted by yamanouchifumitaka at 00:53Comments(0)活動情報

2013年02月17日

荘厳なる2度目の5日目の巻




本日のご来場ありがとうございました
・きょうは受付いかなくてすいませんでした

・明日で終わりです。18:30から片付けはいります。ありがとうございました。

・うまい棒うますぎる

・日常に備えて部屋を精神と時の部屋モードに移行した。完全ではないので2日居ても出られなくなる事は無い仕様  

Posted by yamanouchifumitaka at 03:38Comments(0)制作日誌

2013年02月16日

荘厳なる2度目の4日目の巻




2度目の4日目のご来場ありがとうございました。ならびにミッドナイトフォークショーご来場の皆様ありがとうございました

・いつも今四歩ほど物足りないフォークショー開催できました!

・そのあとこずえさんがお赤飯たいてくれたし、おいしい食べ物作ってくれました!

・食べました!

・ごちそうさまでした!

・土日で会期終了となります。なこなウルモフの及川くんのブロマイドが限定1枚サイン付き500円で登場しています

・土日は夜18時以降受付おりますのでフラッとご覧になりたい方はご注意ください。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:49Comments(0)制作日誌

2013年02月15日

荘厳なる2度目の3日目の巻




本日のご来場ありがとうございました

2月15日(金)19:30より
artroomEnomaに於きまして
個展開催中の山内文貴による
まさかのフォークソング公演を
開催させていただきます
入場無料です 
30分弱の演奏時間になります

元気をもらう・癒されるなどの要素は無く、ただ六郷を表現しているだけであり、見ていて緊張するため非常に疲れるとよく言われます。わざと疲れにくる勇士様をお待ちしております

お客さん誰もいない場合は中止になります
中止となった場合でも、そのあとピクニカでの玉コンとキャベツを食べる会(会費1000円)は開催されると思いますのでそちらだけでもぜひご来場ください
  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:28Comments(0)活動情報

2013年02月14日

荘厳なる2度目の2日目の巻




ご来場まことにありがとうございます。

・最近、新聞や週刊誌の延長線上で新書を読んだりする。学術系のほうが為になりそうだけど案外読めない・・・。新聞的な気持ちになるものを求めているので軽いタイトルになるというのは自分の本棚の完成度に良くないという弊害がある。蔵書の純度とかなるべく上げていきたい(?)

・そんなん言ってる場合でもない

・早く部屋片付けたい

・個展日曜までです

・個展が終わると売れ残りは全てパネルからはずしてその姿は永遠に失われます。ご覧頂いたあなたの心の中でV6などは生き続けていく事になります  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:01Comments(0)制作日誌

2013年02月13日

荘厳なる2度目の初日の巻




本日のご来場ありがとうございました。

・受付に15分入ったけど、どうしても生きてる意味が見いだせなかったのでピクニカでこんにゃく食べて帰りました。すいませんでした。

・結構思う時あるけど個展してるギャラリーに泊まりたい。

・黄昏バージョンDM(文頭の画像)が会場限定で無料配布されています!印刷中プリンターが致命的にブチ壊れたので限定33枚ですよ!

・なつかし山内作品ポストカード、ストックを発掘したので種類増えました。OPP袋入り+意味も無くサインの入った持ち帰り用封筒登場




・↑なこなウルモフステッカー1枚100円もよろしくお願いします。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:09Comments(0)制作日誌

2013年02月12日

トワイライト虚無ちゃん対トワイライト天国と地ごくちゃんのお知


6日目のご来場ありがとうございました。受付をしていないあいだ、皆様からの月の表面並の暖かなお名前、お品物、お花、ご感想、骨の髄まで染み渡り、感動でございました。ありがとうございました。

来週からの展示のご案内です




山内文貴展その8薄暮展
 トワイライト虚無ちゃん
    対トワイライト天国と地ごくちゃん

2013年2月12日(火)
           〜2月17日(日)
12:00〜20:00
ところ/artroomEnoma
    仙台市青葉区一番町1-5-31-2F


 を開催させていただきます。お近くにおたちよりの際はぜひチラ見をご検討ください。

 先週の虚無ちゃん対天国と地ごくちゃん展をぶつ切りではなく日の暮れる様のように終える・・・、そんな・・・そんな展示になりました。

 制作中気付かなかったんですが、新作をギャラリーに持っていって普通に織り交ぜて展示しようとした際に、既出の作と新作の熱量・・・と言うよりも描く材料になる泉の内容がスルメみたいな感じになっていたことに気付かされ、こんな感じに至りました事をご報告させていただきます。
 1週目の作でいまの自分なりに充分に泉ぞうきんを絞りきっていたにもかかわらず、更に恰好をつけるために全入れ替え並の量の制作を5日間に課したための枯れ枯れの限界みたいな疲弊がモロバレですが、ここまでで今回の虚無ちゃん対天国と地ごくちゃんという気持ちは出し切れたかもしれないという気がいたします。ついでぐらいで見ていただけると丁度いいかと思います。

 また先週の展示をご覧頂けていない方にはほんとに申し訳ないんですが、本編が一枚の壁に集約されておまけが場所取ってる感じなってます。物足りなく感じさせてしまったらこれはもうすいません。

 ヨロシクオネガイシマスー。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:50Comments(0)活動情報

2013年02月10日

神聖なる5日目の巻




5日目のご来場ありがとうございました。

・明日折り返しの展示替えなので、さっき梱包したアレで今回の展示物の制作は終了という事になる。若干へとへとになってる気がする。

・ドローイングの量が足りなし。やばやば。

・景色が変わって見えるか心配だ。  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:58Comments(0)制作日誌

2013年02月09日

神聖なる4日目の巻




4日目のご来場ありがとうございました。

・なんかなぜかいけそうになってきた。全然色薄くないし、手数少なくないし、雑じゃない絵やっぱり10枚増えます。雑じゃないです全然。

・毎日ご来場ありがとうございましたと言っているけど、今回は全く宣伝してないのでそろそろ誰も来ない日があってもおかしくない。こそこそやってる感のまま今日まで来れた。

・今日穿いていたジーンズはレーバイス505色落ち黒(90年代日本規格)です。(『山内の!今日のジーンズ情報のコーナー』)  

Posted by yamanouchifumitaka at 03:26Comments(0)制作日誌

2013年02月08日

神聖なる3日目の巻




3日目のご来場ありがとうございます

・2週目はドローイングが増えるだけです。ミューテーション後は次回へ・・・

・深夜におなかヘル率が高くなった

・会場の様子が気になってきた

・最近わかめを食べまくっているので体調が良い  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:48Comments(0)制作日誌

2013年02月07日

神聖なる2日目の巻




2日目のご来場ありがとうございました。

・帰って悶々としたのちベルセルクの映画を見てきた。こういう話好きだな。鷹の団編はやはりマスターピースだ。いま原作は描きあぐんでいらっしゃるようだけど、結末はこれを超えてくるに決まっているので待たなければいけないし読み続けなければいけない。そしてベルセルクに対して僕は動物と人が混ざったような絵を描き、岩切と六郷の真に迫った曲の演奏を1回以上しなければいけない。個展の受付しろやという客観もありますが、作家に会いたい絵と、会わなくてもいい絵があると思う。

・映画の帰り道の路地で目が四つあるモンスターが真ん中にいて、びびり散らしたけど、ねこが営んでいたのを正面から見ただけだった。いま時期か。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:16Comments(0)制作日誌

2013年02月06日

神聖なる初日の巻





 初日のご来場ありがとうございました。

・今週は受付の居ない落ち着いた状態で見れますので。足が疲れた方は受付でおかしパーティーしていただいても結構です。

・水張り10枚したら異様につまらなかった。水張りは緊張するから疲労したかのような感覚さえおぼえる。

・搬入してみたら意外とキツキツでテンションあがった。いまの展示が想定よりもシャキ玉だったので、今週精彩を欠いた場合は無理にアレする事も無いが若干いけそうな部分が心の中にもある

・ベルセルク映画3明日見る  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:18Comments(0)制作日誌

2013年02月05日

山内文貴展その8/虚無ちゃん対天国と地ごくちゃんの巻




「虚無ちゃん対天国と地ごくちゃん」

エノマに大降臨!

本日はお日柄も良く、天気よろしく、皆様いかがお過ごしでしょうか。このたび仙台市青葉区一番町の貸し画廊artroomEnomaに於きまして個展を開催させていただいております。わたくしと六郷とわたくしの世代があらかじめ孕んできたカオスをお届けできると信じてやみません。感想ノートなどもあったりしますので、感想お聞かせください。よろしくお願いします。

山内文貴展8
/虚無ちゃん対天国と地ごくちゃん
at artroom Enoma
2013年2月5日(火)〜2月17日(日)
※2/11(月)は休廊日です
開廊時間12:00〜20:00
入場無料

※2週目は作品増えます

※ソロの内文貴ライブは2月15日(金)19:30からです(入場無料)
  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:13Comments(0)活動情報