< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
インフォメーション

2013年02月21日

呂比須4の巻(アレしましてありがとうございましたの巻)




 永遠に藤子・F・不二雄先生の影響下に・・・

 東北生活文化大学(貴がつく人の)ホット・ラ・イン完結編「虚無ちゃん対天国と地ごくちゃん」を平穏無事に撤収させていただきました。実際はこのあとも切れ目無く何処かで東北生活文化大学かんけいの方々の展示がやってますので、東北生活文化大学ホット・ライ・ンは途切れながらも続くのですバイスピッツ。

 全く受付に居やしない太郎作家に、みなさまのあたたかい御名前、御住所、御感想、お花、お食べモツ、御なめねこ、おドラ人形、お買い上げ・・・深く頭脳に染み入りましてございます。ありがとうございました。

 この度は以前2週やったときのどうしようもないメンタル疲労感を憶えていながら2週展示でやらせていただきました。セルフコントロールがどうなの微妙じゃないのという感じではありましたが、TMのセルフコントロールは自己コントロールという意味ではないし、僕は永遠にTMNETWORKの影響下から抜け出す事はできないからだになってしまったので宇都宮さんの言う通りにしようと思います。

 今回の準備は思考的に追いつめられ、必然的に期日も詰まっていき、ラスト1週間での準備になりました。その分手数の少なさにキレた方々にはほんとすいませんでした。が、今の気分に抜けられた事に感謝するばかりです(五分サンに)。

 今回明確に今まで執拗にこだわり続けた「放課後/夕暮れ/夏服で」からプリッと抜け出たようになれた(すいませんがこのあとも主観での感想が続きます)のは、今まで別腹だった六郷キャラクター(かがみもち、青りんごなど)が僕の中のわずかながらの変態性思考の中で根っこのところが融合してきたことが理由かと思い至っております。

 しかしながら今の気分の状態に冷静になるにつれて不意にこぼしたところもあるように思えますので今年は経済的に良心的なピクニカ1週間で、2ヶ月ないし1,5ヶ月に1回展示をして思うように僕はできるもんなのだろうかと考えてみたいと最終的に思いました。

 次回5/21〜26at PICNICA『ストリートファイター(ハリウッド版)』もどうぞよろしくおねがいします。個展名は仮です。

同じカテゴリー(感想)の記事画像
個展その6にご来場頂きましてありがとうございましたの巻
ナンバガ展ご来場ありがとうございましたの巻
個展やりました
デザインフェスタに出展して参りました
同じカテゴリー(感想)の記事
 個展その6にご来場頂きましてありがとうございましたの巻 (2011-09-06 14:27)
 ナンバガ展ご来場ありがとうございましたの巻 (2011-02-01 19:43)
 個展やりました (2008-08-26 01:04)
 デザインフェスタに出展して参りました (2008-05-20 18:50)

Posted by yamanouchifumitaka at 01:02│Comments(0)感想
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
呂比須4の巻(アレしましてありがとうございましたの巻)
    コメント(0)