< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
インフォメーション

2011年05月07日

5月6日の巻




 100号以上の大作を何回かかいたことがあるんだけども、パネルを作るか買うかし、支持体を張った状態の白パネというのは非常にどうしようという風に困ることから始まるみたいなところがわたしはある。今年のT展はそれに挑戦しようと今日、紙を張ってみた。

 不思議と紙を張っている最中から何故か感動が。

 なにがコレなのかわからないが、コレだと思うような瞬間もあった。白なんだからコレのはずないんだがコレだ。

 張り終わって立てかけて、前にすわるといろいろなことを思いだすような思いださないような心地になった。僕は水張りを失敗したことがない。紙を使うのに水張りを失敗するヤツはまじで最悪なんだ。と、こう思っていたのは学生の頃だ。ホワッとした気持ちになりすぎて今日久しぶりに思った。

 よけいな話はほどほどに、頭に下図ができたところだ。紙に下図をやがてかくだろう。下図をかかねえヤツはまじで最悪なんだ。と、こう思っていたのは学生の頃だ。なんでもいいことだ。わたしの燃える手だけが真実だ(?)。

 物語、絵、音楽、数学の証明問題、ドキュメンタリー、ウリナリ・・・何回も思い何回も忘れまた思うたびに輪をかけてわなわなする。本当にどんな気持ちになるかだけの問題なんだ。

同じカテゴリー(制作日誌)の記事画像
時空(とき)の統治領内(なか)にて…!の巻
強烈な夏でしたねの巻
火照りながら・・・!の巻
エッセンシャル・ダメージケア2の巻
プロケッズのジーンズは昔ほんとに売ってたの巻
ヘチマを干すその日まで・・・!2の巻
同じカテゴリー(制作日誌)の記事
 時空(とき)の統治領内(なか)にて…!の巻 (2016-01-29 21:44)
 強烈な夏でしたねの巻 (2015-08-25 02:11)
 春の嵐・・・!の巻 (2015-06-04 01:13)
 火照りながら・・・!の巻 (2013-05-17 21:52)
 エッセンシャル・ダメージケア2の巻 (2013-05-05 02:50)
 プロケッズのジーンズは昔ほんとに売ってたの巻 (2013-03-30 03:03)

Posted by yamanouchifumitaka at 01:13│Comments(0)制作日誌
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
5月6日の巻
    コメント(0)