< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
インフォメーション

2010年07月18日

スペシャル・タイムの巻(関係ない)

 T家の恐るべき展覧会は終りました。すでに終りました。

 このたびもこの展覧会に参加させてもらえて幸せでした。事務局の皆さん本当にお疲れ様でした。
 また、あのガラス張りの建物という駐車料金までかかるあの場所、混み合う道のりを通らなくては行けないあの場所までご来場いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。次の年は更にいい作品を・・・と、そのようなことを思います。ありがとうございました。今回は写真を撮り忘れました。ファイルも今回ばかりは作れない、1回目のT展の作品のようなミッシングピースになってしまったことは非常に僕はミスってるわけですが、だいじょうぶです。

 また、その搬出の日にそのまま岩手県久慈市のカフェ、「ビリーブ」に連れて行ってもらいました。所属バンドタトラのライブをそこでさせてもらう為に連れて行ってもらいました。
 道中で次の日が私誕生日だったんですが、衝撃のプレザントをもらいました。
「オリジナル・スーツ」をもらいました。これはすごい。様々な仕様があります。
☆背中に輝く「メッセージ」
☆私のようなろくでなしの誕生を記念する「メッセージ」

 









































































わたしも27歳とはなかなかのものです。



 そんななか、岩手県久慈市ビリーブでのライブが上の写真のようなかたちで行われました。すごい、すごいな・・・。曲を覚えてもらえてたりするその心意気、みぞぐちくんとお客さんとのやりとりなどすごくいいライブコンサトーになっていました。メンバー間で、「生まれる場所をまちがえたんではないか」という感情が芽生えるほどのホット=タイムに、ライブ後はうちひしがれていました。

 こんなに聴いてもらえることというのは本当になかなか無いことだと思うので感謝の念を禁じ得ません。ありがとうございました。
マスターのしょうじがみさん色々おせわになりました。

 帰ってきて「海がきこえる」鑑賞。ヒロインの声優の演技力については意見が分かれるな!と、思いつつ昼夜を会津っぽで同一メニューを食す。あとトイストーリー3を観たら本気出そうと思っているところです。


同じカテゴリー(制作日誌)の記事画像
時空(とき)の統治領内(なか)にて…!の巻
強烈な夏でしたねの巻
火照りながら・・・!の巻
エッセンシャル・ダメージケア2の巻
プロケッズのジーンズは昔ほんとに売ってたの巻
ヘチマを干すその日まで・・・!2の巻
同じカテゴリー(制作日誌)の記事
 時空(とき)の統治領内(なか)にて…!の巻 (2016-01-29 21:44)
 強烈な夏でしたねの巻 (2015-08-25 02:11)
 春の嵐・・・!の巻 (2015-06-04 01:13)
 火照りながら・・・!の巻 (2013-05-17 21:52)
 エッセンシャル・ダメージケア2の巻 (2013-05-05 02:50)
 プロケッズのジーンズは昔ほんとに売ってたの巻 (2013-03-30 03:03)

Posted by yamanouchifumitaka at 02:03│Comments(2)制作日誌
この記事へのコメント
こちらこそ!
第1回目で歌われた曲たちは既に久慈クラシックスとなっているのです。

今回予想以上の曲数に驚きと嬉しさがにじみ出ています。
カバーはオリジナルを超え、岩手県民の脳みそに熊本の情景が映し出される。
Posted by びりぶ。 at 2010年07月21日 16:52
コメントありがとうございます。
家練、ツナギの可能性、首の支えの無い座席のくるま、メクルメに包まれたH=Tのなかでいろいろ考えること、駆け巡ることがありました。

おかげさまで仙台に帰ってからも鋭気に制作できております。またタトラをよろしくお願いします。
Posted by 市原クンファンの山内 at 2010年07月22日 14:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
スペシャル・タイムの巻(関係ない)
    コメント(2)