< 2017年01月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2017年01月24日

多少、山ドライブと意味わかんないもの作りのハザマで…!の巻

通年でどこか細い山道に行く(車で)というのを軸に生活しながら、時にはお誘い頂いたグループ展に出展させてもらったり、時には荒井くんの個展ツアーのラストをT.ARAIという歌で祝ったり、時にはなこなウルモフでまるまつにてソバたべたり…。

昨年は個展無し、ニューアルバム無し、バンド無しの静かな奴という側面を垣間見せるいい機会になって良かったと思う。

絵の方に関してはもうクオリティの低い方向性だと自分の気分ともズレがすごくて、あまたのグループ展の中で僭越ながら調整させて頂いた。昨年ラストの新現展ではスタートラインのエスキースの段階までは来れたような、振り返ればそう思える。

完成してなくても出す事に何も恥じらいがないのでみんな引くんだと思うけど、現場で恥ずかしいのが1番自分には来る。できてないからって旧作出すとかよくみられる現象ですけど僕はまだ展覧会の現場に旧作出すという気持ちの域には達してない。仕上げられなかった自分からは誰も逃げられない。

フォーク・ソングについては実は作っているけど量が少ないのと詞が仕上がらない。と、あえてこだわってる人みたいな事を僭越ながら言わせて頂く。
絵と違って歌は何回もパッケージで繰り返されるから趣味だからこそもうそういうのヤバだし、青春時代に言いたかった事はもはや言い終わりかけてるので、何か大きなブチ切れとかがあればまたアルバムにしたい。アルバム作れると気持ちいいのでまた作りたい。
「大三角」は本当にスガスガしかった。

なこなウルモフは非常にいい状態を保ったまま5年ぐらい自宅待機していて、これからも非常にいい状態ではいると思うのであと7年ぐらいすればミニアルバムを作れると思う。
自然はファンタジー、ゆれてたグラフィティー、と19歳のあの頃のクオリティーを超える出来栄えで順調に来ているのでもう踏み外す事は無いと思う。
これからも変わらずダンス・ナンバーのみのディスコサウンドのオルタナティブフォークバンドとして、あくまでも相手として世界を意識しながら創作を続けていきたいというのがなこなウルモフ3人の共通意識である。

〜おわりに〜
今年の展望などはありません。明日の命もあるかわからないのに皆さんもそんな事言うのやめてください。瞬間瞬間に集中してください。
今はマンガ書くのと山道ドライブ継続に集中したいのでおわりに言う事はありません。  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:37Comments(0)四季おりおり