< 2013年05>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2013年05月25日

春の終わり…!の巻

山ライ2001「新しい竹は張りがある」たくさんのご来場ありがとうございました。小野くんたまたま居合わせたばっかりに引きずり込んでごめんね

ホットセットリスト

1、サマーホッテストヴューツー(NACONAURRMOPHANTOMより)
2、本物のトゥーマス(NACONAURRMOPHANTOMより)
3、AHURE-DASU(未収録)
4、六郷神話(大三角より)
5、一心同体(未収録)
6、きむんちいってこよ(千利休より)

今回の個展は一週間のため日曜までです。6月がとんで来年3月までの10回、ぜひ流れで見ていただいて、美術の生々しさに思いを馳せてください。

僕は今回は制作時手応えを感じていましたが、昔やっていた手法をやったことによるセンチメンタルが手応えのように思えたのかもしれないと、搬入時に自問しもしました。

制作者の感想も加味して生々しさに思いを馳せてください。
  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:15Comments(0)四季おりおり

2013年05月21日

コスモスアドベンチャーの巻

おつかれさまです山内です

本日から個展やってます。仙台アンデパンダンと共にピクニカにもぜひ寄ってみてください

あと、24日(金)の19:30から2/3ウルモフライブの予定でしたが、2人ならではの仕込みができない日程にあるということで、山内1人でコンサート2001「カイロプラクティック」に変更になります、ご了承ください
  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:49Comments(0)四季おりおり

2013年05月17日

火照りながら・・・!の巻





平成25年5月21日(火)〜26日(日)
ピクニカにて
山内文貴展その9みどりの思い出

開催させていただきます


今回も六郷の6畳1間から、18枚の作品とコスモスアドベンチャーをおおくりいたします。

5月24日(金)19:30からは、2/3なこなウルモフ(山・伊)のホットセッション大会+タートルズの話題は絶対禁止!「ピザ食べ会」があります。会費1000円です。ピザだけでも1000円です、金曜夜に暇を持て余しつつある方はふるってご参加ください  

Posted by yamanouchifumitaka at 21:52Comments(0)制作日誌

2013年05月05日

エッセンシャル・ダメージケア2の巻




 お久しぶりです山内です。

 今度の個展は「みどりの思い出」です。

 あと、盛岡のシグアートギャラリーさんで開催中のZINE STOP 2 TOHOKUにも志願し出品しています。行ったりする方は私も志願し出品している事を思い出していただけるとうれしいです。

 時は過ぎましたが、今年もやはりアラバキロックフェスティバルの津軽ステージの装飾チームに無事はいれて、ぬいぐるみなどを投入する事ができました。加藤さんに新ブリキも形成していただいて、もう塗りたくってやりました。俺と六郷と八木山のすべてをです。毎年お世話になっております。

 見れたライブコンサートはすべてよかったです。サマーソルジャーを聴けたのがその中で特に印象に残っています。

 なこなウルモフでは19、20歳を決定的にカセットにぶち込んだあと、画期的な制作物をつくる算段を今つけています。いまヒロインの顔書いてます。

 また、年末に中古屋で買ったアメリカ製のジーンズのなじみに関しては非常に満足しています。ズボンだけでこれだけアメリカ人の顔に近づけたことは、収穫(ハーヴェスト)です。

 これから真夏へ向かって行く六郷ですが、決しておこたらねえようにいたしましょう。真夏にそなえ、決しておこたらねえようにいたしましょう。

5月吉日 山内文貴
  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:50Comments(0)制作日誌