< 2012年12>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール
yamanouchifumitaka
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いものの、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読むようにさせて頂いています。

東北生活文化大学 
生活美術学科卒 
宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
と、綴ってから10年、そんな日々を送りながら思うのは、意味わからないというか無いもの、打ち消しあって無くなってるものが最終的にはよいのだと思います。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
インフォメーション

2012年12月10日

六郷が凪いでいるぜ10の巻




・↑2012年制作のうちで一番良くできたので記念にワンダーシードに応募することにする。そろそろふざけんなよとおもっている。

・荒井くんのバンドのCDを聞きながら寝てみる・・・。眠れるか!眠れるものか!・・・よく録れているね。

・なにやっても破れない画用紙がやっぱりいいなと思い出す。

・絵を描くときの汚泥のような感覚をぬけたい。いままでは吹きだまりの野良犬のようだったが、野獣のままさわやかになりたい。何故こんなことを言うかと言うと今にぬけそうな感じがするからである。間に合わせようとはするまいとも合わせて思う。甘く入っているわけではなく、心の中で丁寧に歩かなくてはいけないという点に重きを置けばいいと思っているということになる。

・その流れで外出を控える。充分見ました3年間。

・この前の上京物語のときの洋書あさりで、まあ買えないけれどもそんな事は関係ないけれども、シュミュレーショニッスムゆえの写真との境界線のうすらぎ具合の流れをかいま見る。平行線上を流れが車線変更していくなかで画家の気分はいまきついところにさしかかって、細分化で心をおちつけて集中をギリギリの線でアレしているように認識を改めた。認識を改めた甲斐があるのか訊く。

・レッツ&ゴーMAX全7巻をやっと入手する。これでようやくなこなウルモフのメンバーにMAXの物語を届けられる。  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:31Comments(0)制作日誌