< 2012年07>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年07月31日

デゥハマ・ポンポン・シャキシャキの巻

山内文貴の(ちょっとした)まんが集め道
のコーナー





ほしの竜一先生の「騎士ガンダム物語シリーズ」(講談社)

 これほど集められなくなるとは思わなかった、中学高校生のころは古本チェーンにあふれていたこのシリーズ。インターネットの転売が多くなったことで古本屋の店頭から姿を消すタイトルが後を絶たない。
 
 白い背表紙が本編でオレンジ背表紙が特別版で別な話なので、全くそろっていない。




 機甲神伝説以降は背表紙が変わる。騎士ガンダムカードダスは衰退の道をたどったが最後まで描ききったほしの先生のことを思うために集めている。





 やまと虹一先生「超戦士ガンダム野郎(はいぱーせんしがんだむぼーい)」(講談社)

 10〜12巻がちょっと古本相場的にも定価を超えてくるタイトルになるがすでに7巻あたりから古本チェーンには姿を現さない。

 作ったプラモ(主にSDガンダム)を研究所(G研という)のコンピューター機械の力で動かし、戦わせるまんが。当時はG研が本当にあると思っていたちびっ子も少なくない、ぼくら世代のボンボン読者には聖典のひとつ。千生将軍、千壱将軍、ガンマスターなどオリジナルのプラモも登場したように記憶している。このまんがの改造を真似してぶっ壊して捨てたプラモは数知れない。途中でコロコロ読者に鞍替えしたので10巻あたりから内容知らない。

 




 この作品と




 
 この作品は作者がおんなじ岩村俊哉先生。電撃ドクターモアイくんのほうは主人公が初回から「おれ、ホモっス」「ホモだからいいッス」などの発言を乱発し内容的にもその設定をベースにギャグを繰り出し続けるので、復刊の難しいタイトルだと思われる。子供の頃読んだ記憶がないとギャグが古くていまは読めないと以前友人に言われ、おそらくそうなのだろうが、山内兄弟の間では不世出のギャグまんがに位置づけられている、僕たちだけの秘密の傑作である。ガンガンコミックス。





 今後もう出会える予感のない藤子不二雄A先生「少年時代」のマガジン版

 表紙ヤバなのでぜひ欲しいが予感がない。ないかもしれないものを探し求める・・・そんな古本チェーンに居るときの自分の中のアレを常にかき立ててくれる宝石のような作品。

山内文貴の(ちょっとした)まんが集め道
おわり


2012年8月3日(金)
美術カフェピクニカにて

19:30より

山内文貴たそがれコンサート’95
「いつものかんじでふざけてもいいかな」
開催されます
ライブ入場1000円
そのあとたこ焼き食べ会会費500円です

最近なこなウルモフの山内に戻ったのでソロは最後・・・いや、あと1回?なこなウルモフ神に訊いてみないとわかりません。ご来場をお待ちしております
  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:12Comments(0)制作日誌

2012年07月22日

ジャングリスティックの神様




8年ぶりの邂逅


なこなウルモフmyspace  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:56Comments(2)

2012年07月08日

非常に(サァー・・・)でございますね、失礼いたしますの巻


 少し前・・・晴れた日にブラウン管のテレビをひとつ捨てたいと考えていた。

 ふとんを干しながら、テレビを分解して


ブラウン管だけにした。見ての通り、非常にスペーシーな見た目である。分解して良かった。

 周りのプラ部分と基盤などは燃えるごみなのでゴミ袋に詰める。

 あとはこのブラウン管を粉々に破壊して、もえるごみで捨てるだけだと思ったが、弟からちょっとしたストップ情報が入った。

 結構爆発するかもしんないとのことだった。ので、


いまはひとまず切り株の上に置いてある。(※雑草がすごいですが実家の庭です。道ばたではありません)

 なんかエコのCMみたいな感じに見えたが、写真ではそう見えないのでお伝えできないのが残念である。



あと今度は久々秋保のアレに行った。行きやすい距離だ本当に。マイナスイオン効果、ニュートリノはやはり光速を超えないのかと思うとともに、ヒッグス粒子の存在も若干感じることができた。山はよい。

 その流れでピクニカヘンテコスという企画に参加させてもらうのでそれをヤッてたりしながら煮詰まり、締め切り前日にメディーサテンニーキ(メディアテーク)にて開催中のT家の恐るべし子供たち展を鑑賞してくる。

 たすくくんも今年不在か・・・柿本くんも・・・と同級生への思い入れを思っている横には山田くんの姿が。受付から迷いなく即でてきた山田くんが居た。モーガンめ・・・。彼女いる?別れた?別れたの?と、そこら中に響き渡る声で毎回会うたび訪ねられるが、聞かれてそこまで困るわけでもないけど、いくらなんでも声デカすぎだよという点について、どうしても笑ってしまう。今回も吹き出してしまった。

 青い炎というような雰囲気だった。曇りの夕方で会場も暗くて静かで良かった。木村さんに偶然お会いし、搬入の相談ができて良かった。

 まだ続く

 そして終わりなきゴミクズ制作にあきらめをつけ、今日搬入して明日の飾り付けについてはおまかせした。

 ピクニカにつくと、上のヌーデストビーチ展、下のARS展が搬出で全体的にざわめいていた。

 ざわめきのなかで言葉を交わして・・・

 帰宅して(サァー・・・)となった。夕飯は奇しくもそうめん。

   

Posted by yamanouchifumitaka at 23:54Comments(0)四季おりおり

2012年07月05日

非常にファシャペナでございますね、失礼いたしますの巻




 この前なめやんと一緒にコロ助とって来た。一緒にっていうか私が敗北したあとになめやんが勝鬨をあげたという形ですが。氏はクレーンゲー鬼だから・・・。

 キテ大ではキテレツが一番好きだけど、まあコロ助もいいかという感じである。

 深い瞑想にダスキィーでダスティーなものがこの手が熱くなるのを感じた。

 コロ助に出会い、私の心がたぎり、達成するために力を尽くし、敗北する。わざわざこんなところに隠れているたぎり要素を何百倍にも増幅する。それは自分の役割だ。

 なぜ瞑想かといえば、自分の作品は退廃的な表現だからではないかと思う。つげ義春のまんがで誰かのじいちゃんが最悪なトイレで、うんこをした体勢のまま死んでるという描写があったと思うけど、こんなに悲しいことがそこら中にあったのか・・・、と思うか、つげ義春は笑ってはいけないことで笑わせようとしているようにさえ思える、と思うかといえば僕は12割後者に偏る。

 狂気には至らない、もれなく普通の、駄目なほう駄目なほうに要素を探しにいくことが非常に好きだと思う。

 その場限りで続きはあるわけはなく、一瞬こみ上げてはすぐに波をひいてしまう永遠に許されることのないぬるさの中でも、終わらない歓喜の連続を人の表現の中だけには夢見ることができる気がする。

 及川くんの親父さんの車で深夜にラーメン食べに行ってた、ダンボールに習字書きなぐった10年前から、なんとなく思ってはいたはずだったが、これは確かめないままではいけないと思えるようになった。

 7月になった。僕のカシラ文字が冠されている月だから好きだ。親近感を感じる。(意味ない)

 祖父と親父が共に国語の教諭だったから、文(ぶん)を貴(たっと)ぶという思いと生まれ月の一文字をかけてうまいことやってやったぜみたいな感じで名付けられたそうだが、文の字を名前につけると、そいつは芸術方面にいってしまうそう。そんなのゴマ、ゴ・・・マヤカシだろうがっ、と、激しく思うが、確かに大学以降、文の字がついた人に会うことは非常に多い。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:53Comments(0)制作日誌