< 2012年06>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年06月09日

モーメンツの巻




 前、なめポンに誕プレでもらったクリップ式のチューナーが音感が最悪なわたしにはあまりに良かったので、立派なバージョンを購入した。より反応が繊細やねほんとはよくわかんないけど。反応がより繊細やね。

 歌の詞とかって、様々な形態を取ることがあるけど、たとえば「欲しい気持ちが成長しすぎて 愛する事を忘れて 万能のキミの幻を 僕の中に作ってた」(ex.LOVE PHANTOM稲葉サン作詞)だと完全に言葉としてつながりつつ、時の経過が3つ含まれ、メロディ的に4回展開するからマルチビジョン効果もあり、なじみながらもとギラギラ引っかかり、ずっと前にも書いたけど野獣のようであり理性的でもある描写。
 感情への違うアプローチとして、例にあげる事をお許しいただきたいですが吉田拓郎さんのひとつの到達点である「流星」においては、言い表せない複雑な思いを、思った事、出来事、のアッパー、ダウナーを用いて編み上げてゆくかのように配置してそれを形づくるやりかた。

 しゃべる事でもそれはでき、風景を描写する事でも、数値を記録することでも、相撲を取る事でもそれはできる。いろんなところにLOVE PHANTOM的なものがかくれているのを見逃さないようにする。  

Posted by yamanouchifumitaka at 23:34Comments(0)四季おりおり