< 2012年05>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年05月31日

今日、庭に一瞬カッコウ居たぜの巻




 何故か日々ゴリゴリにやっていたら早めにFOR U展に出すやつができあがった。この調子になるとわかっていれば今年もT展出せたな・・・失敗したな・・・。これはメンタル面の弱さ出たな。

 ちっちゃいやつ9点1組のモノに最終的にはなった。UFOやオカルトに関するもの、という縛りにおさまりつつ、山&文スタジオの色も100%投入する事が出来て良かった。

 今回はぜんぜん厳格な縛りではないけれど、どんなに厳しい縛りでもマイスタジオの色を100%出せなければ、日々血みどろの制作をしている皆さんと同じステージに上がる資格はないだろう。

 縛りが厳し過ぎて20%ぐらいしか出せない場合はしかたないので無視して、マイスタジオの色を100%出す事を優先するのが六郷マンのやりかたである。今回はちゃんと約束守ってるけど、出品拒否された場合でも勲章になるから問題ない。

 虚淵さん作品もっと見たいの流れでアニメPhantom~requiem for the phantom全26話見終わる。最近の神懸かり的な作品に比べると若干の澱みはあるものの、問題なくおもしろかったぜ・・・。原作のゲームやりたい。まどか星マギカ、フェーートゼロなど本当にハズレを知らぬお方。

東北生活文化大学美術科卒業生 小説家デビュー情報

手代木正太郎先輩 講談社ボックスから単行本大発売!!アマゾンへのリンクはこちら

私はもうアニメイトで買います。皆さんも買いましょう
  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:36Comments(2)制作日誌

2012年05月29日

家から半径100メートル以内に田んぼ無くなったなの巻




 今日の仮面サイダーはブラックがあたったので調子よいな。

 正攻法の水彩で引き続き書き方をする。必要とあれば今まで私の体の中を通りすぎていった画材を使う事もやぶさかではないですよ誰に報告してるかわからないけれど。

 ひとまわりしてあの日1ミリもなじめねえ美術予備校の売店で買った筆とパレットをなぜか今も手にしているが、乾き待ちなどの時に自分のキザ適性が発揮されて、そんな事を思った。

 もともと美大行きたいなんてのは思いつきで、前述の画塾に夏休み冬休みだけ通わしてもらって、結局ガチなところにははじかれて母校に入り、しかしながらなんで家庭科やんなきゃいけないの?から、2コ上のいまもリスペクトを禁じ得ないあの圧倒的な変態的先輩方との出会いがあり著しい心理的影響があり、なんでマイ学年だけこんなにこんななんだという充実した同級生があり、去る頃にはこれはもしや思いつきではないのではという疑惑が心に芽吹くほどになっていた。

 ひきこもりになろうか迷ったが、学生じゃなくなると息してるだけでいろいろお金がかかるという事が判明したので、バイトしながら、ずっと小さいときから気がかりだった事を考えていたりしていた。その枝葉に絵の個展とか作曲を挟んだりして、もじもじしていた。

 花かざりが完成した日の夜に魂の同士と道をわかつとなったときの事はいま思いだしても、ゾッと背筋に来るものを感じる。過ぎゆく夢をおくる時なんてなことはただの語呂だったんですが。

 僕は基本内緒で絵を描いたり歌作ったりしていて、何も気にかけないで自分の中だけの物語でやっているのにたまにそうしてチャンネルが合うみたいな事が起こるときがある。

 そんな日々のビリビリをなんとなくいま思い出してしまっていたところだった。その続きだからな今はというところに気持ちが落ち着く。  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:09Comments(0)制作日誌

2012年05月27日

ウグルザウンシタの巻




 昨日、メリラボにおいてナイブさせていただきました。ご来場の皆様ありがとうございました。途中ヌチャっとなって駄目な感じになったところも今はいい思い出です。弾けない曲作ってません。弾けない曲作ってません。

 昨日のサイコセッテリスト2001

 1、ひとり変態なんて(アーカイブスより)
 2、超兄弟(超新曲)
 3、夕陽百景(アーカイブスより)ゴチャッとなってません
 4、鎮守なお宮(ナパー・パン{廃盤}より)ミスってません
 5、まくらのざわめき(田園物語より)
 6、うちの近所の麦畑(千利休より)
 7、LOVE PHANTOMと見せかけて若あゆのねむり
まさかのアンコール、ニーズがあったので中学生

 今月は2回目のアレだったためにメンタルエナジーがナニガシになっていたので、レッドブル系エネルギードリンク「モンスターエナジー」を飲み干してから行ったら、なんとなくミスったけど良かった。あの味は350ml缶で出しては駄目だろうというほど濃い。ひたいにMって書いてあるときのベジータですね。

 そのあととなりの食事どころでお食事セットを食べるというアレになり、荒井くん八城さんこずえさんちださんつばめどうさんとご一緒する。荒井くんガンダム超詳しいぜ・・・と思いながらユニコーンおすすめ情報など耳寄りなガンダム情報を聞いたりヘンケン・ベッケナーについて話したりする。今度は荒井くんのバンドのライブ行きまっせ。

 おかげさまで打ち上がり、僕は家にアレしました。ありがとうございました。

 UFO展のナニガシに今日から入ります。ありがとうございました。  

Posted by yamanouchifumitaka at 19:06Comments(0)四季おりおり

2012年05月19日

アンビ・シャスの巻(関係ない)




 日々お疲れ様です。私も日々張り切っているところです。

 いま、あの、メディアテークにたどりつく寸前の定禅寺通と晩翠通の交差点を北に曲がって1個目の信号で止まったら右に存在するメリラボというところでキママニクラシテという雑貨や本や絵や・・・などなどを販売しているイベントが開催されているんですが、僕は冒頭の写真に写っている本、こう言った大変素晴らしいものを入手する事が出来たのですが、ほかにもたくさんの大変素晴らしいものがありました。

 僕もプラ板によるキーホルダー的なものを出展させてもらっているのでご来場の際はチラ見してみてください。

 また、そのイベント期間中、ふたたびライブコンサートをやらせていただきます。


 5月26日(土)18:30スタート
 
  場所・メリラボ(あべひげが元あったブロックの右はじ)
  30分ぐらいやります

  入場料/バカ高ですが1000円

  大きい音が禁止の場所なのでソフト山内の選曲でとりおこなわれます


 よろしくおねがいします。

 あと6月のエノマの昭一郎さん主催UFO展参戦しますいずれよろしくおねがいします。

*日記・・・ 

 最近スケットダンスを狂信的に読んでいる。自分の中の王道というのはこれや、西森博之先生のお茶にごす。や、今日から俺はみたいな作品なんだなとしみじみ思う。いま人生何度目かのまんがブームの最中にある。最終的にはやはりジャンプを軸に枝葉に手を出すのが至上のまんがライフの基本だなと、うんうん言っているところである。今日は「COOL~レンタルボディーガード~」を多少読んで寝る事になるだろう。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:24Comments(2)制作日誌

2012年05月08日

オゴポ・ファルピンの巻




 中本誠司現代美術館においてのグループ展「さちようび」企画ライブ出演が終わった・・・。展覧会は明日までです。




 中本がざわついた!セットリスト
 1、超兄弟(超新曲)
 2、あきたりないね(ナパー・パンより)
 3、小旅行~ブチギレver.~(ナパー・パンDISC2より)
 4、中学生(田園物語より)
 5、山のあなた~若干緩急をつけたver.~(千利休より)
 6、「金」(かぐわしき麦茶より)
 7、前の曲があまりに歯切れが悪かったので追加
   彗星(HOT ALBUMより)
 まさかのアンコール、花かざり(HOT ALBUMより)
 まさかのアンコール、六郷神話(未収録曲)

 という曲らを演奏させていただきました・・・。中本中本した選曲と本人は思っておりました。演奏曲が「金」まで入ったCD・・・説明するの忘れてた・・・1曲しか新曲入ってないの説明してないから詐欺だ・・・すいませんでした。返品はわたくし本人がうけたまわります。
  
 今回のCDの売り上げは、今度のアルバムを本当に意味わからないものにするため、新機材としてニンテンドーDSの曲作りソフトを導入するのにあてさせていただきます。ありがとうございました。

 CDの売れ残りはピクニカのビル2階西側cocochiさんで若干、販売していただけるようです。新曲「超兄弟」が気になる方はぜひcocochiさんへ・・・!訂正/15日からのメリラボのイベントの方だったようです。

 毎度ここぞの高音がでないとか、鼻つまってたり、もはや温かい目で見ていただくしかないライブですがこの度もご来場の皆様本当にありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしております。

 最後に関係ないんですが

 今年の大河、八代将軍吉宗以来の面白さだなと思い、毎週欠かさず見ていたんですが、この低視聴率には納得いきませんね。翔太さんとか出てるのに。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:10Comments(2)四季おりおり

2012年05月07日

ファルナスの巻




本日、
心がざわつくライブあり

中本誠司現代美術館にて
開催中の「さちようび」企画
音楽ライブその2

山内コンサート

19:00スタート
入場無料

演奏曲全部入りの
CD(¥500)販売を

許可されております

心がざわついたら
おみやげにどうぞ


今回の曲目の傾向・・・

 きのう、イベントの全容を知る。こんなに愛があふれる場所で、血も涙もない僕は大丈夫なのだろうか?風にでも訊いてくれ。  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:16Comments(0)活動情報

2012年05月01日

ポニズマの巻




 今年もアナバキに行く事が出来た。初日の昼ご飯で食あたりをし、次の日の半分まで静養していたのであまり見れなかったものの食あたりの寸前に中学生の頃の思い出のグレイプバインが聴いていた頃のスロウとか君を待つ間を演奏してくれていたので今となってはあの出店を怨むのはよそうと思っている。祭りのあとだから・・・。ちびまる子のうたの人のステージも感動した。とてもいい曲ばかり作る人たちだ。夢いっぱいやらなかったのかなと思ったらアレはBBクイーンズではなかった。そのあと津軽ステージの装飾の片付けをした。一抹の寂しさを感じながら顔。

 帰る寸前にアーテスト楽屋の付近に通りすがった。アーテストはいなかったが、エコーズの楽屋があったので、「あそこに辻仁成が居たという事ですね」と洋一さんに言ってみたが、洋一さんはぜんぜん辻仁成には興味がない様子だった。今年もすごく楽しかった。

 アラ話fin

 まんがの清書というのは作業感が強いことに今更気付く。無音でやっていて音楽を流してもいいんじゃないかとかゼータガンダムを見ながらやってもいいんじゃないかとか思う事もしばしばだ。清書中にCDを変えにステレオシステムまでその都度歩み寄るのは効率に関わるのでついにリンゴ社のアレを買う日が来たようだ。ステレオシステムまでの3メートル線も買ってここから、そう、手元のここからステレオシステムを鳴らそうと考えている。

 最近、日光に弱い。将来は夜行性になりたいと思っている。  

Posted by yamanouchifumitaka at 00:48Comments(0)四季おりおり