< 2012年05>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
yamanouchifumitaka
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いものの、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読むようにさせて頂いています。

東北生活文化大学 
生活美術学科卒 
宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
と、綴ってから10年、そんな日々を送りながら思うのは、意味わからないというか無いもの、打ち消しあって無くなってるものが最終的にはよいのだと思います。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年05月01日

ポニズマの巻




 今年もアナバキに行く事が出来た。初日の昼ご飯で食あたりをし、次の日の半分まで静養していたのであまり見れなかったものの食あたりの寸前に中学生の頃の思い出のグレイプバインが聴いていた頃のスロウとか君を待つ間を演奏してくれていたので今となってはあの出店を怨むのはよそうと思っている。祭りのあとだから・・・。ちびまる子のうたの人のステージも感動した。とてもいい曲ばかり作る人たちだ。夢いっぱいやらなかったのかなと思ったらアレはBBクイーンズではなかった。そのあと津軽ステージの装飾の片付けをした。一抹の寂しさを感じながら顔。

 帰る寸前にアーテスト楽屋の付近に通りすがった。アーテストはいなかったが、エコーズの楽屋があったので、「あそこに辻仁成が居たという事ですね」と洋一さんに言ってみたが、洋一さんはぜんぜん辻仁成には興味がない様子だった。今年もすごく楽しかった。

 アラ話fin

 まんがの清書というのは作業感が強いことに今更気付く。無音でやっていて音楽を流してもいいんじゃないかとかゼータガンダムを見ながらやってもいいんじゃないかとか思う事もしばしばだ。清書中にCDを変えにステレオシステムまでその都度歩み寄るのは効率に関わるのでついにリンゴ社のアレを買う日が来たようだ。ステレオシステムまでの3メートル線も買ってここから、そう、手元のここからステレオシステムを鳴らそうと考えている。

 最近、日光に弱い。将来は夜行性になりたいと思っている。  

Posted by yamanouchifumitaka at 00:48Comments(0)四季おりおり