< 2011年11>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年11月22日

ウグザンスの巻




 届いたあー


 ほどなく開ける






 ワークスオンペーパーだけにペーパーに厳重に包装された本体。意外と本体は右のビットだったりするのが常だが、これはラヴォスではない。本なのだ。

 これは本体ではないと悟り、破ると開けるの中間ぐらいのテンションで開ける。






 でたあー

 厚みで負けるが全景展図録に匹敵するここまでやるの感

 やっとみれるんやあー

 というナニガシのるつぼの中でちょっとした神々しさを放つそれを拝見。

 氏の映画の方は2個ぐらいしか見てないから若干軽はずみな発言も含む事になるが、どうやらこれは紙に描いた氏の作品が全部載っているらしい。

 原寸大で載っているため本がでかくなったらしい。

 80年代から全部なので流れとかあるので細かくこういうアレとかっていうのは一概に云う事憚られるわけですけども、

 その歴史から匂い立つ一貫した雑食感

 の中から時折、このご時世にオリジナルではないかと見紛うような景色があるところが

 感想だった。非常におすすめです。





 画集などをおさめようと導入した本棚に入らないかと思ったがギリ&チョンで収まった。でかすぎるという幸せな文句を言ったりする。  

Posted by yamanouchifumitaka at 00:40Comments(2)制作日誌