< 2011年08>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年08月09日

こそぎ落とす日々・・・!の巻(関係ない)




 ふっと、仙台ギャラリー多いなと思った。エノマだけあれば事足りるのに。場所かえて気分が変わるタイプでないばかりに乱暴なことをくちばしったりする。

 これは思う意味自体が機能しないことながら、おそらく仙台でドカーンっ芸術お祭りモンという展開は無いと思う。なので、ぼくたちが小学校から学んできた暮らしの基礎である、ひとりで悶々として勝手に達しましょうという考えかたに基づいて制作し、発表は地元と遠隔でやったりするというのが良さそうと思います。僕も展覧会とか行ってすごく良くても作家さんと喋りたいと思ったことは一度もないです。感想ノートとかがいいです。ぼくが仙台人です。

 けっこういっぱいブッチギリのスゴイヤツがいるのに何の興味も惹かれないというこの仙台人である私がその私の感想を私に裏付けているように思えてなりません。

 こうなったらもうただのお祭りモンだ。

 意味わかんないものはなんて神聖で荘厳で幽玄なんだろう。

 アイツがまたあんなに意味わかんないことやってくれたぞ・・・良かった。

 という

 風な流れで個展やろうとしたりするということになります。

 これが仙台平野のアーティストのこころの雛形ですね。  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:50Comments(3)制作日誌