< 2011年05>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年05月29日

5月29日の巻




 まいちこ氏の個展に伺う。ドローイングもすこぶる良かった。負けじとエノマを予約してくる。理由のない感覚の頭打ち感をまいちこ氏の個展を見ることで払拭することができた。ありがとう。T展までにDMを作ろうと計画する。

 涼宮ハルヒ(というまんが小説があるんですが)の新しいやつを読み終わる。こういうことしてるから滞るんではないのかと言われがちで、なおかつだいたいまあそうなんですが4年の月日を隔てて出た最新刊、面白かったのでつつがなく読みましたよ。

 なんとなく知る人ぞ知るみたいな作品というのはスタンダードとして知識にしたいというのはそんなに珍でもない気持ちだと理解して頂けると思うけれども、それはたとえばオフィーリアの死であったり、Zガンダムであったりという意味でそうゆうびればん的な軽さで20世紀鉄仮面という文庫本を手に入れてみた。なまえが21世紀鉄仮面と似てる。僕は何回かこがねむしの演劇の音楽方面で参加させてもらうという貴重な機会があったが、そのなかで最も恐い(なんというか話もだけど稽古中も本番中もなんか記憶の中の映像が黒い)それと似てるタイトルのこの小説にぐっと心ひかれるものがあった。半分読んで言い回しの美しさにはすでにありがとうございますという感想を抱いとります。しかし小栗先生、調べてみたら著作がほとんど絶版ですね。残念です。  

Posted by yamanouchifumitaka at 22:20Comments(2)制作日誌