< 2011年03>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
yamanouchifumitaka
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いものの、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読むようにさせて頂いています。

東北生活文化大学 
生活美術学科卒 
宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
と、綴ってから10年、そんな日々を送りながら思うのは、意味わからないというか無いもの、打ち消しあって無くなってるものが最終的にはよいのだと思います。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
インフォメーション

2011年03月19日

3月19日の巻




 バイト先で連絡があるということでお昼に集合があった。今月いっぱい休業、4月から開店準備に入るとのこと。それと同時に他の事業所で被害の大きかったところは閉め、従業員は解雇になったことも伝え聞いた。この日々の何もかもを憶えていたい。

 地震の前の日の夜、ピクニカに荒井君の個展を見に行くと、ちばたくさんに会った。やがて加藤先生にも会った。そして最終的にけんたろう君とも1年ぶりぐらいの再会を果たした。けんたろう君が今月下旬に釜石に転勤になる為、お三方はこれから呑みに行くということだった。お誘いいただき同行させてもらった。いろいろな話を聞いたり、したりした。暮らしのこと、胸に秘めている大切なもののこと。
 深夜に家に帰って、明日も早起きだけど今日はなんていい夜だっただろうと思っていた。いまでは何だか忘れられない夜になってしまったけど、その時にもらった気持ちでこの長い1週間、このうだつの上がらない僕が皆さんと同じように張り切っていられたのかもしれない。
 お三方の連絡先を知らないけれど、無事を信じてます。

 うちの近所でも見たことのない、北斗の拳みたいな、は言い過ぎだけど少なくともサイバーブルーみたいな世界観の人がチラホラ見えてきた。どこから来た人たちだろう。取り越し苦労であってほしいですが、いちおうそんなこともありました。明日も引き続きがんばっていきましょう。  

Posted by yamanouchifumitaka at 21:44Comments(0)

2011年03月19日

3月18日の巻




松本竣介の絵。戦中戦後の途方もない状況下で描かれた作品たち。

明日から生活文化大学4年荒井君の個展がピクニカで再開されます。

 


 昼間、原発の放水映像を見る。もうあの場所のあの建物のなかは何が何だかわからなくなっている。ただ、あの方々こそは男の中の男だろう。ささやかながらご無事を祈っております。

 

 と、僕なりに1日を過ごした。お参りをするたび気にかかるけど薬師堂の灯籠が倒れまくっている。町内会でやるなら直す時に手伝いたい。明日もがんばっていきましょう。

  

Posted by yamanouchifumitaka at 00:36Comments(0)