< 2011年02>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
プロフィール
yamanouchifumitaka
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いものの、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読むようにさせて頂いています。

東北生活文化大学 
生活美術学科卒 
宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
と、綴ってから10年、そんな日々を送りながら思うのは、意味わからないというか無いもの、打ち消しあって無くなってるものが最終的にはよいのだと思います。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
インフォメーション

2011年02月01日

ナンバガ展ご来場ありがとうございましたの巻




宍戸君のこれはわたしが頂きました。ワールドイズマイン、ずっとある意味ではそうだと思っていたんです。やっぱりそうだったか。

 おととい日曜日までの6日間ナンバーガールに少なからず影響を受けた芸術家展 仙台にご来場いただきましたみなさまありがとうございました。今回の催しは加藤さんが企画し、旗を振りつつ開催に至ったものでありました。加藤さんはDM発注、コンポとかストーブを持ってきたり、端麗買ってきたりかなりお疲れになったのではないかと思います。出展作で力になれたかわかりませんが、連日会場にはたくさんの方にご来場いただき、成功した展示になったのではないかと思います。

 こういった企画はネタ的にもそう頻繁にできるものではなかったので、出品者、会場ともにベストで臨めたことは幸運という他ありますまい。ナンバガ好きで良かったという風に口々にいいながら会期中居ましたが、ナンバガはデュシャンやウォーホルのようなもの。現代芸術の聖典のひとつですからこういう風なオマージュに至ることも定められたものだったのかとも思えます。近江谷さんからこの企画を聞いた時、なんだかジャストな感じがしたのはその為だったのかもしれません。そこで気づいたという感じだった感があります。名企画と言わざるを得ますまい。

 個人的にはインデペンデンな展覧会が1年ぶりで、かなり搬入まで緊張、張りつめとるものがありましたが、なんだか制作のリズムも取り戻してきた感じがするし、いまはいまでやべえもん、張りつめとる制作物というのもあるんですが、日曜の一区切りとしては良かった、やれてなによりだったという気がいたします。

 来週からピクニカでものはちっちゃくなると思いますが個展やります。

 ピクニカにおたちよりの際はよろしくお願いします。


  

Posted by yamanouchifumitaka at 19:43Comments(0)感想