< 2010年12>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年12月10日

かまぼこの巻(関係ない)

 今日のVS嵐はジャイアントクラッシュのあとにバウンドホッケーという異質なパターンだったですね。ぼくはたまにはこれもアリだと思いましたけど。

 冬になってきて部屋にいると思いだすのはがらにも無く格闘ゲームの練習をしていたあの日あの時のことです。ほかにもたくさん思いだすのはもちろんですが、格闘ゲームのことを記すべきだろうと思います。レアな季節というのは自分の中で格上の記憶になったりすることがあり、もしかしたら描き続け、うたい続けるあの夏も2、3日の期間のことなのかもしれないと思考を派生させたとしたら可能性としても充分ありえることのような気がいたします。期間の価値のなさったらもうありません。

 この物思いのどこがブログカテゴリー「制作日誌」に関係あるのかと言われれば私もここがこうして作用してますとそんな野暮で辛辣な冒涜を申し上げるつもりもサラなんですが、なんかこうしているうちに探りを入れてるのでこういう風につけています。

 以前、自分の語彙が枯れたような気がするので微妙に小説読みたいみたいな事を、更新しないが為に閲覧者5人ぐらいの時期に言ってたんですが、今日まで読んだ数というのが2冊ぐらいであります。半年ぐらいで2冊読んだのはだいぶです。十分に自分の中に新しい風が吹き込んだな、という感じがするんですが、その時期に買い込んだものが僕の読む速度に対して膨大すぎたなというのがあります。曲作りがあったり、絵画制作があったりはするんですが、けっこうまじで私は読んでいるわけです。が、読むのが遅すぎるので途方に暮れがちという副作用と戦いながらそれを進めているからこういう十四末(十姉妹)路に至るのです。

 かつて火車というとても面白い小説があり、皆さんがそうであったように私も読む手が止まらなかったわけですが、1週間ぐらいかかって読み終わったとき、ああ、わたし読むのおせえ的な劣等感を抱きました。
 それに打ち勝ち買ったぶんぐらいを読み終えることは、からからになりがちの制作状況においてささやかにも家庭的な、なんて真っ当な人間の願いであることだろうかと、健康的な潤いをもたらしてくれるのです。

 次回に続く


帰宅すると弟がゲームをやっていた。箱がデカ過ぎるなと思ったので湯のみと並べてデカさを強調した写真を撮影しました。ネオジオぐらいのサイズ。
  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:53Comments(4)制作日誌