< 2010年11>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年11月29日

TAKA(fromラクリマ・クリスティ)の巻(関係ない)




 自分が何を考えているのか、何をしようとしているのか、時としてそれはフィーヴァーとシッツの両極の様相を呈してしまうときがある。制作中いまから自分が何をしようとしているのかわかるひとというのはかなり少ないのではないのだろうかとも思う。絵を描いて楽しいと思う気持ちのおおもとは大半それに頼っている面が大きい。下図を描かないひとというのは全体の80%にのぼるという統計もある。1発目の線、色のみずみずしさというのはそれほどまでの0か100かの賭けをしてまでもひとを魅了してやまない。銀魂もネームを書いていないらしい。

 そしていま私は下図を描いていた。そしてその下図は恐らく昇天(清書)することもなく昇天(焼却)するのだと思う。

 下図なのか・・・?それを何のつもりで自分はやっているのか。インスタレーション自体がインスタレーションなのか・・・?この冒頭から一文字前までの部分で発言が打ち消され続けて何も無くなってしまった感はサムスベレーションなのだろうか。

 造語を織り交ぜることによって更に深部に詰め寄った錯覚をおぼえ、た。果てしなき渇きを覚えた(関係ない)。

 打ち消し続けることでこぼれたものがこころなしか目立つことはたまにはっとするタイミングがある。こころなしかの部分の分量のらんだむ要素は永遠に我々カッパ族をホダし続けるだろう。

果てしなく、渇いたまま(関係ない)。
  

Posted by yamanouchifumitaka at 00:26Comments(0)制作日誌