< 2010年09>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール
yamanouchifumitaka
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いものの、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読むようにさせて頂いています。

東北生活文化大学 
生活美術学科卒 
宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
と、綴ってから10年、そんな日々を送りながら思うのは、意味わからないというか無いもの、打ち消しあって無くなってるものが最終的にはよいのだと思います。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年09月16日

ガイルの巻(関係ない)




 ふと僕の寝ている廊下の押し入れをあさる機会があり、母親所有の百恵ちゃんと友和さんの映画のサウンドトラックを質に入れようかなどと考えていると(勝手にではない)、小学生の頃作成した作品集が出た。
 表紙の絵はなかなかがんばったなと思ったが、中の絵は手抜きが酷かった。絵から「早く家に帰りたい」という思いが伝わって来た。授業の目標なども書いてあったが、「せんせいにあてられたらすぐこたえる」などなかなか謙虚なものであった。
 同時に写真なども出て来て、ちらちら見た。親の結婚式の写真や子供の小さい頃の写真がなぜアルバムに入れられずこういう場所に打ち捨てられているのかとも思ったが、アルバムに入っているものもほかに多くあるのでそういう面ではあながち不足とも言えないであろう。結婚式の時の父親の顔が今の自分と酷似しており閉口する場面もあった。こうして血脈を感じると、一丁前になろうという沸き立つものを感じざるを得ない。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:22Comments(2)制作日誌