< 2010年09>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール
yamanouchifumitaka
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いものの、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読むようにさせて頂いています。

東北生活文化大学 
生活美術学科卒 
宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
と、綴ってから10年、そんな日々を送りながら思うのは、意味わからないというか無いもの、打ち消しあって無くなってるものが最終的にはよいのだと思います。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年09月13日

サミー神父の巻(関係ない)




 またこれを見る仙台在住の方々の気持ちの代弁になってしまうと思うので恐縮というか、僭越なんですが、否、ながら代弁させて頂くと、伊達武将隊が名古屋城にて名古屋おもてなし武将隊とあいまみえたというニュースに胸が躍った、ということについてです。

 伊達武将隊自体についても私は出陣式以来、多大な期待を寄せていましたが、今日の夕方のニュースで伝えられたカッ戦の様子や正宗様への短インタビューには相当なポテンシャルを感じることを禁じ得ないものがあった。

 今日の正宗様のインタビューなんかは名古屋城でのイベントのどのタイミングで、どこでインタビューされてるのか全くわからなかった感じが、「もしかして正宗様って全然居ないんじゃないかしら」的な神聖な雰囲気を出すのに一役買っていた。カメラワークである。テレビ局を懐柔するカリスマ性というのもあると思う。これからも夕方のニュースなどでその動向を気にしていきたいと思う。

 そうして仙台にむすび丸に続く刺激物が誕生したことに合わせて、今度仙台に関するところのテーマの展覧会に私は参加させてもらうことになりました。

 正式名称はわかりませんが、「山形から来仙する東北画は可能か?展の歓迎企画、仙台画展」

 会期2010年9月28日(火)〜10月10日(日)場所/美術カフェPICNICA

 となっております。本物が2階Enomaにて同じ会期にやっております。

 それに向けての色々をしていきたいと思います。  

Posted by yamanouchifumitaka at 21:28Comments(2)制作日誌