< 2010年07>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年07月27日

ふざけはじめているぞ(その1)



 弟からもらった外人の人形。人形の面白さを久しぶりに思い出した。なかなかの出来の人形だ。


 服を脱ぐこともできる。いかにも夏という感じだ。だいたいのポーズを再現することができるのでまんが制作の際ポーズとり人形としてもなかなかの出来だと思う。

 このまえ久しぶりに山形〜米沢経由で裏磐梯に行った。久々の吾妻はふもとの快晴を無視するかのように基本の曇りだった。基本曇っている山らしい。基本曇っているといえば思い出すのはのび太の大魔境「ヘヴィースモーカーズフォレスト」のことばかりだ。出来杉君が言い放ち、謎と期待が入り交じり始めるドラえもん映画のあの時間帯を僕はドラえもんトランス時間と呼んでいる。海底鬼岩城では「マリアナ海溝の底には誰も行ったことが無い」のところから、竜の騎士では「マントルの厚さは1km」のところから・・・。そんなことばかり考えていた。


 吾妻小富士のやや東下あたり115号線上から見た福島市の夜景。圧倒的に盆地だ。地面に街がめり込んでいる。仙台から直で4号線福島入りをするときいつも思うのだが、白石から、町の名前を忘れたがJR的には貝田駅のあたりが県境となっている。また言うけど白石から、貝田に入った瞬間になまぬるくないですか?僕はすごくなまぬるいと思う。僕もめり込んだんだな、とそのときは思います。貝田話も切り上げます。



 僕はトイストーリー3を見た。トイストーリーは2は1を超え、3はまたそのいずれをも超えた映画史上随一のパーフェクトなシリーズとなった。ここまでの作品を人間は作ることができるんだとさえ思うほど感動を憶え、憶えすぎて割と誰ともトイストーリー3見ました?的な、ぐうたら会話は繰り広げていない。神聖な領域の思い出としていまトイストーリー3を回想している。すばらしい体験。

 バイトの業務の中で女性週刊誌をちょっと読める瞬間があるんですが、今週見た記事に、ユーミン才能枯渇?CD売れないみたいな事が書いてあった。ユーミン自身は何の気にも留めていないだろうけど、なんであれほど傑作を持つ人物がそんな糾弾をされなければならないのだろうか。その怒りの中ぼくは水沢めぐみ先生の「おしゃべりな時間割」「チャイム」「空色のメロディ」を全巻そろえて、祭りの準備をしていた。

つづく  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:19Comments(0)制作日誌

2010年07月18日

スペシャル・タイムの巻(関係ない)

 T家の恐るべき展覧会は終りました。すでに終りました。

 このたびもこの展覧会に参加させてもらえて幸せでした。事務局の皆さん本当にお疲れ様でした。
 また、あのガラス張りの建物という駐車料金までかかるあの場所、混み合う道のりを通らなくては行けないあの場所までご来場いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。次の年は更にいい作品を・・・と、そのようなことを思います。ありがとうございました。今回は写真を撮り忘れました。ファイルも今回ばかりは作れない、1回目のT展の作品のようなミッシングピースになってしまったことは非常に僕はミスってるわけですが、だいじょうぶです。

 また、その搬出の日にそのまま岩手県久慈市のカフェ、「ビリーブ」に連れて行ってもらいました。所属バンドタトラのライブをそこでさせてもらう為に連れて行ってもらいました。
 道中で次の日が私誕生日だったんですが、衝撃のプレザントをもらいました。
「オリジナル・スーツ」をもらいました。これはすごい。様々な仕様があります。
☆背中に輝く「メッセージ」
☆私のようなろくでなしの誕生を記念する「メッセージ」

 









































































わたしも27歳とはなかなかのものです。



 そんななか、岩手県久慈市ビリーブでのライブが上の写真のようなかたちで行われました。すごい、すごいな・・・。曲を覚えてもらえてたりするその心意気、みぞぐちくんとお客さんとのやりとりなどすごくいいライブコンサトーになっていました。メンバー間で、「生まれる場所をまちがえたんではないか」という感情が芽生えるほどのホット=タイムに、ライブ後はうちひしがれていました。

 こんなに聴いてもらえることというのは本当になかなか無いことだと思うので感謝の念を禁じ得ません。ありがとうございました。
マスターのしょうじがみさん色々おせわになりました。

 帰ってきて「海がきこえる」鑑賞。ヒロインの声優の演技力については意見が分かれるな!と、思いつつ昼夜を会津っぽで同一メニューを食す。あとトイストーリー3を観たら本気出そうと思っているところです。
  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:03Comments(2)制作日誌

2010年07月11日

ターン山ガンダム(関係ない)6


T展はいまだメディーテーク6階で開催中です。

 ともなって、メディアテークに久方ぶりに行ったんですが、本屋にて数年前に4倍ぐらいの大きさと値段で売っていたウォーホルの画集の小さいのが売ってたので思わず出金をした。大きいのが17,000円ぐらいだったので今日買った小さいのは値段も4分の1と言える気がする。年々ウォーホルが好きになっている気がするものの藤子F不二雄先生を敬愛する気持ちに今も曇りはありません。

 なんであっても愛好していると異質さの方向性において趣向をそいでいってしまうと言って理解してもらえる方もらえない方いらっしゃるとは思いますが、その趣の中でだんだん目立って見えてきたりするものもあります。まんがで言うところのガンダム野郎とかモアイ君みたいな、今考えてみると後にも先にもあれきりだなという異質さが最終的に出金というかたちに表出するのかなと思います。

 今日深夜1時ぐらい、帰り道を帰り道だけに帰っていたんですが、家まであと100mぐらいの曲がり角で塀をたどるネコ3匹、と思って近づいたらイタチだった。このドンびき加減をわかって頂けますでしょうか。ネコかと思ったら顔見てタヌキかと思ってから、いや、うちの地元のけものといえばイタチか、でも3匹はひくなあというドタマの中の寸劇がありました。ああ、山に帰れ。けものよ山に帰れ。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:16Comments(4)制作日誌

2010年07月09日

ターン(関係ない)5


せんだいメディアテーク6階にて、東北生活文化大学家政学部生活美術学科OB展「T家の恐るべき子供たち展」開催中です!私もチラッと見ましたが、6階まであがるのが疲れなければかならず面白い展覧会になっています。(7月14日(水)17時まで開催中)

 ここは展覧会について書き込むのがすじなのかなと、チラッと思ったので書き込んでいこうかと思いますが、すじについて私に思うところがあるわけではありませんので、すじについては、思うところが無い者の書き込みとして全体をご容赦ください。よろしくおねがいします。

 といってもからすのぎょうずいのように搬入してきたので、こんな見どころを書き込みによって打ち出していくことは今の自分にはできかねることにもなりますが、何かを書き込みたいと思います。
 今年も誇りにしているかのごとく原付で搬入してみたんですが、枚数が多い為に重かったこと、アッサリ包んだその重作品が2度のにわか雨にアッサリ湿ったこと、12枚を寸分の狂いもなく垂直水平に飾ったこと(全然ずれてないし、まがってません.全然まがってません)、アニメを見ながら制作していないこと(見ていません、2作品46話を、全然鑑賞していないかたちになります)、などが個人的な思いにあたります。久しぶりにどっぷり美術科の空間に2時間ほど籍を置かせて頂きましたが、こういうあとには画集買ったりしてしまうものです。今自分はそうできていないからですが、切れ目無く作品を吐露していないと前線からは、ずれてしまうということを少し肌触りで感じました。感受性を欠いた無関心を除いても、芸術は無数の最高と最悪が交錯して最終的に顔(表情)で誤魔化すしかないじょうたいになります。最終的に僕が書き込みたい結末としては、どんな顔で自分の作品を飾るかだけが大切なことだとおもう、ということです。
 とても内容のある文章だったなとおもいます。

 よかったらT展、チョイ覗してみてください!          「はつらつ」
  

Posted by yamanouchifumitaka at 22:39Comments(0)制作日誌