< 2010年03>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年03月04日

付随する作品の巻


「意味も無くDCソフトを揃えたの写真」


 最近「この世の果てで恋を歌う少女YU-NOというゲームのユーノという曲ばかり聴いてしまう病気」に恍惚の日々を送っているところでもありました。94年ぐらい発売のちょっと大声では言えないジャンルの伝説的なゲームですが、こういう風にエンディングテーマに何もかもが封じられ、綴じられ、諭される作品というのは運命的な作品と思ってしまうこの思いつきを禁じ得ないですね。
 エンディングテーマというのも音楽に限らず平面・立体芸術にも感じてしまう時があります。最終回の金字塔のひとつでもある幽遊白書(マンガのほう)の最終回や最晩年のブラック、ベーコン、れーむぶるっくなどなど究極の名前が浮かびます。
 物語が好きでエンディングテーマが好きでという個の根源的な趣向を全面に織り込みながらそれをひとつのものの見方の境界線に位置づけているのかなとも感じ、感じられ、感じさせられてもいる感じもいたします。

 それを大切に思いながら・・・などとは申しませんが、憧憬とアイデンティファイの砂塵の彼方に僕たちのファミマのスルメソーメンを買い食いに行きたいですね。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:17Comments(15)制作日誌