< 2009年12>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
インフォメーション

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年12月20日

肉をかみちぎってみた日


バイト中に集めているしおりのコレクション

おととい、帰宅後に肉を焼いて食べる日があった。肉のタイプとしては、「ステーキ・スタイル」の肉だった。ぼくはどちらかといえば魚介で生きてきており、ステキーを好んで食す事はまれだったものの、おとといはまれな日だった。

自分で焼いて食べるとの事だったが、「焼く前に何かするのか?(叩くとかイカみたいに切れ目入れるとか)」という疑問符が浮かんだ。こういう時ぼくがいつも思い返すのは、ドラミちゃん〜アララ少年山賊団〜という映画である。アワやヒエしか食えない子供たちがドラミちゃん効果で栽培した米をおいしそうに食べる姿。ぼくが思ったのは、「焼いて・食べる・・・それがステーキ・スタイル」ということだった。

そして、ぼくは筋を噛んで歯が痛くなった。いまも痛い。「3日続きで痛いという事である」。それ系の野性味は今後控えようと思う出来事になった。

  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:24Comments(6)四季おりおり

2009年12月17日

文具屋の軒先でおじいさんに話しかけられるの巻



 スクリーントーンが欲しいと思い、最近まんがを買いすぎた事を思った。もう本棚はぎゅうぎゅうになった。貯金を崩す前にお金を増やしてから買い物するべきだという事で、最近チラシの入ったあのお店にみつくろって持っていった。いまや機種変更した携帯電話まで売れる時代になったものです。
 待ち時間に楽器コーナーで今は亡きジャズコーラスの20Wがチョコナンと売っており、買おうという気持ちに駆られますが、おかねをふやそうと売りにきたのに逆に減っちゃう可能性が高いということで、泡になる事は避けようと、やめた。あたりまえです。

 それらが終わるうちに雪になり、終わってる気持ちになる。雪粒がありえないほどチクッチクしてる状態で地元のオフィスベンダーに着き、スクリーントーンとともに10cm定規や筆ペンのインクや落書き帳など微妙に衝動購入する。あたりまえです。
 店を出たところでおじいさんに話しかけられて、原付のオイル交換のできる店を教えた。おじいさま、なんでやねん。そのあともおじいさまは雪の道の真ん中に突っ立っており、ぼくは、おじいさまは深えなと思った。深え人に話しかけられたなと思った。

   

Posted by yamanouchifumitaka at 22:59Comments(2)四季おりおり

2009年12月12日

するめだけを食べるの巻


今日見つける。誰がX JAPANを廃盤にしたのか、けっこう探す事になった。
 
ネガティブな準備はしたくないものですが、テンションは下げたくないのでするめだけを食べる事にする。あわせて韓国のりも買ってしまうのは仕方ない。テンションを下げる事だけは避けたい。

バクマンをも読む。大場つぐみがガモウひろしってほんとに?  

Posted by yamanouchifumitaka at 23:56Comments(0)制作日誌

2009年12月09日

夏忘無の巻

 ブログこちらに移転致しました


 4年半お世話になったヤプログ氏でしたが、突如更新不可の状態に陥り、展示ラッシュにご案内すらできないという事で完全移籍する事に致しました。だてブログは仙台の会社のブログサイトです。仙台の人は全員、だてブログに完全移籍致しましょう。http://の後ろにすぐアカウント名が来るのはモノホンっぽいですよ。

 そしてまもなく2010年、美術界にも色々あったゼロ年代が終幕いたします。さようならゼロ年代。最高に意味のわからなかったこの10年を私は生涯忘れません。
 
 まもなく展示ラッシュなので、元旦までブログつけません。よろしければまた足をお運びください。  

Posted by yamanouchifumitaka at 00:52Comments(0)四季おりおり