< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
yamanouchifumitaka
83年7月生まれ、A型、男、いのしし年、かに座。山と内の間に何も無いが、先祖代々の秘密の力で無いはずの音「の」を召還し「やまのうち」と読ませている。戸籍に読みがなは無いという噂を聞くがそういうのをリアルに調べるのはそういう話じゃないしふとくねえのである。
東北生活文化大学 生活美術学科卒 宮城県仙台市在住
意味わからないものを作成しています。
 最近の1番は「トイストーリー3」
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
インフォメーション
※カテゴリー別のRSSです

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2013年02月18日

山内文貴展その8/虚無ちゃん対天国と地ごくちゃん撤収の巻



ありがとうございました。詳しくは明日書き記させていただきます。またお会いできる日を心待ちにしております。  

Posted by yamanouchifumitaka at 00:53Comments(0)活動情報

2013年02月15日

荘厳なる2度目の3日目の巻




本日のご来場ありがとうございました

2月15日(金)19:30より
artroomEnomaに於きまして
個展開催中の山内文貴による
まさかのフォークソング公演を
開催させていただきます
入場無料です 
30分弱の演奏時間になります

元気をもらう・癒されるなどの要素は無く、ただ六郷を表現しているだけであり、見ていて緊張するため非常に疲れるとよく言われます。わざと疲れにくる勇士様をお待ちしております

お客さん誰もいない場合は中止になります
中止となった場合でも、そのあとピクニカでの玉コンとキャベツを食べる会(会費1000円)は開催されると思いますのでそちらだけでもぜひご来場ください
  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:28Comments(0)活動情報

2013年02月12日

トワイライト虚無ちゃん対トワイライト天国と地ごくちゃんのお知


6日目のご来場ありがとうございました。受付をしていないあいだ、皆様からの月の表面並の暖かなお名前、お品物、お花、ご感想、骨の髄まで染み渡り、感動でございました。ありがとうございました。

来週からの展示のご案内です




山内文貴展その8薄暮展
 トワイライト虚無ちゃん
    対トワイライト天国と地ごくちゃん

2013年2月12日(火)
           〜2月17日(日)
12:00〜20:00
ところ/artroomEnoma
    仙台市青葉区一番町1-5-31-2F


 を開催させていただきます。お近くにおたちよりの際はぜひチラ見をご検討ください。

 先週の虚無ちゃん対天国と地ごくちゃん展をぶつ切りではなく日の暮れる様のように終える・・・、そんな・・・そんな展示になりました。

 制作中気付かなかったんですが、新作をギャラリーに持っていって普通に織り交ぜて展示しようとした際に、既出の作と新作の熱量・・・と言うよりも描く材料になる泉の内容がスルメみたいな感じになっていたことに気付かされ、こんな感じに至りました事をご報告させていただきます。
 1週目の作でいまの自分なりに充分に泉ぞうきんを絞りきっていたにもかかわらず、更に恰好をつけるために全入れ替え並の量の制作を5日間に課したための枯れ枯れの限界みたいな疲弊がモロバレですが、ここまでで今回の虚無ちゃん対天国と地ごくちゃんという気持ちは出し切れたかもしれないという気がいたします。ついでぐらいで見ていただけると丁度いいかと思います。

 また先週の展示をご覧頂けていない方にはほんとに申し訳ないんですが、本編が一枚の壁に集約されておまけが場所取ってる感じなってます。物足りなく感じさせてしまったらこれはもうすいません。

 ヨロシクオネガイシマスー。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:50Comments(0)活動情報

2013年02月05日

山内文貴展その8/虚無ちゃん対天国と地ごくちゃんの巻




「虚無ちゃん対天国と地ごくちゃん」

エノマに大降臨!

本日はお日柄も良く、天気よろしく、皆様いかがお過ごしでしょうか。このたび仙台市青葉区一番町の貸し画廊artroomEnomaに於きまして個展を開催させていただいております。わたくしと六郷とわたくしの世代があらかじめ孕んできたカオスをお届けできると信じてやみません。感想ノートなどもあったりしますので、感想お聞かせください。よろしくお願いします。

山内文貴展8
/虚無ちゃん対天国と地ごくちゃん
at artroom Enoma
2013年2月5日(火)〜2月17日(日)
※2/11(月)は休廊日です
開廊時間12:00〜20:00
入場無料

※2週目は作品増えます

※ソロの内文貴ライブは2月15日(金)19:30からです(入場無料)
  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:13Comments(0)活動情報

2012年09月30日

ウトゥリィー・スルポン開催の巻


NACONAURRMOFFコンサート開催(及川くんはバイトなので2/3ウルモフかつアコースティックウルモフ)

2012年9月30日(日)
レストランパリンカで開催のココチ&パリンカ文化祭の出し物のひとつとして

20:30開演

30分少々演奏

バイトで来れなかった及川くんからのスペシャル・ボイス・メッセージあり

料金/いぎなし無料

なこなウルモフのやる気/恐いくらい集中している2人に繰り出される及川くんのスペシャル・ボイス・メッセージ


  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:28Comments(0)活動情報

2012年05月07日

ファルナスの巻




本日、
心がざわつくライブあり

中本誠司現代美術館にて
開催中の「さちようび」企画
音楽ライブその2

山内コンサート

19:00スタート
入場無料

演奏曲全部入りの
CD(¥500)販売を

許可されております

心がざわついたら
おみやげにどうぞ


今回の曲目の傾向・・・

 きのう、イベントの全容を知る。こんなに愛があふれる場所で、血も涙もない僕は大丈夫なのだろうか?風にでも訊いてくれ。  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:16Comments(0)活動情報

2012年01月09日

再びお知らせの巻




 2ヶ月間、暴飲暴食、暴読暴遊、暴描暴作の限りを尽くし、このたびEnomaさん企画展として7回目の個展を開催させて頂く事になりました。

 正直この前の9月の個展が精彩を欠いていた事は紛れもない事でありました。震災時には気のゆるみ加減を省み、そのあとの個展では自分の唯一の手段の脳内回路を失いかけている事を、もはや制作・展示をしながらも悪あがきと見紛うような雰囲気で恥じつつ手前味噌に取り戻そうとしておりました。

 そんな僕の中だけのドラマの中、それをこのたびは描画用具の力を借りて煮込む事が出来たのではないかと思われます。

 それができたのもひとえに池田秀一さん著「シャアへの鎮魂歌ーわが青春の赤い彗星ー」を拝読させて頂くことができた事がそれに直につながったと思います。

 謎の着地になりましたが今回は現時点でやりきる事が出来ました。よろしくお願いします。

 山内文貴個展
その7「その7」
会期/平成24年1月10日(火)〜1月22日(日)※月曜日は休廊


開廊時間/12:00〜20:00(土日は19:00まで)

場所/artroomEnoma(仙台市青葉区一番町1−5−31大友ビル2F)

ライブコンサートのお知らせ
会期中の1月20日(金)の19:30ごろから会場でジェノサイドボーイズ(YAMAUCHI×NAMEKATA)のライブコンサートが開催されます。(30分未満)おそらく入場にワンドリンク¥500の方向での話になると思います。お時間ございましたらぜひ。





   

Posted by yamanouchifumitaka at 23:35Comments(0)活動情報

2011年11月23日

オザグウザンスの巻



まだ先の話ですが1月10日から2週、Enomaで個展やらせて頂きます。制作も佳境を迎えております。

 まだ出来ていないですが、もう少ししてこのDMを見かけたらよろしくお願いします(今度はちゃんと工場にたのみました)。

 今回はいままでの個展の芳名帳などで住所の割れている方全員にお送りします。今までは全くお知らせしない上にお礼状も年賀状でまとめてみたいな感じですいませんでした。


 3年前に買ったイラレを今回初めてまともに使ったんですが(3年前に買った教則本的なものを見ながら)、いろいろなもののファイル形式が本当にアレで良かったのか不安でしょうがないですね。全然駄目でこの画像もこれで見納めみたいになったら切ないですけどくじけたくないですね。  

Posted by yamanouchifumitaka at 22:38Comments(0)活動情報

2011年08月30日

個展開催のお知らせ

今日から個展やります。

今年は既に本当にいろいろなことが・・・。




山内文貴展第6回
「ミコシバ」

会期/2011年8月30日(火)〜9月4日(日)

場所/artroomEnoma(青葉区一番町1−5−31大友ビル2階)

開廊時間/12:00〜20:00(土日〜18:00)

9月2日(金)19:30からは超ハードなライブコンサートが会場にて開催されます。その間、演者の後ろの作品は近くで見れなくなりますご了承ください。訂正です、やっぱりライブの入場にピクニカでワンドリンク500円のご注文をお願いすることになりました。情報が錯綜しまして申し訳ありません。

作品販売も一応させていただいてます。基本的に前払い、搬出時(9月4日18:00から1時間ぐらいの間)に受け取りというかたちになりますが、受け取りなどかなり柔軟に対応しておりますのでその際はご相談ください。


また、



今回展示スペース内の受付側の壁全面がドローイングとなってます。おまけ的によろしくお願いします。  

Posted by yamanouchifumitaka at 02:35Comments(0)活動情報

2011年08月26日

ボディーの巻




 個展に  先立つわけではないんですが

 明日からのあらばきロックフェスティバルにおける津軽ステージというステジーにはちょっとした飾り付けがされています。

 ピクニカモンスターズというグループが飾り付けを担当したんですが、

 私の描いたやつも若干まぎれ込んでます

 うれしくて思わず太字とかにしてます。ちなみに私にはあらばきから参加要請は全く無いにも関わらず混ぜてもらってます。ありがたい話です。

 飾りブツのボディーは加藤高志さんが全部作ってくださったものです。グループ全員のエスキースからそれを完全再現した形でボディーを作ってくださいました。

 といったアレもありますので、もし行くというお方、津軽ステージもぜひ見てみてください!
山内

  

Posted by yamanouchifumitaka at 19:06Comments(3)活動情報

2011年08月10日

ライトノベルの女子よ自分をボクと呼ぶのをやめろの巻

 今年のような夏に一体何ができるかというのは仙台アートシーンのTUBE的存在として声を上げなくてはならないそんな気もいたします。
 
 今度わたくし個展やります。



山内文貴展その6

ミコシバ


平成23年8月30日(火)〜9月4日(日)
場所/artroom Enoma(青葉区一番町)
時間/12:00〜20:00(土日はおそらく19:00まで)

9月2日(金)の19:30ごろからは会場にて超ハードなライブが開催されますので展示はゆっくり見れません。ご注意ください。


載せているDMがPICNICAに存在させてもらっていますのでおたちよりの際はぜひご覧になっ手ください。あんなインクを消費するDMは金輪際作りませんというか今度こそ業者にたのみます。今回も無くなり次第ゴミクズみたいな白黒のDMに切り替わりますご容赦ください。

全体的によろしくお願いします。

今日エノマでやっているドローイング展見ました。ブックカバー買いました。「おまえなんぞに娘はやれん」という本を包みました。ありがとうございます。  

Posted by yamanouchifumitaka at 22:32Comments(0)活動情報

2011年02月20日

ニシコリの巻




本日夜7時を持ちまして、個展第5回 子安武人 を終了させていただくはこびとなりましたありがとうございました。

お蔵出しグッズコーナーをも設置させて頂き、あのはがき入れるやつみたいなやつのまさかのお買い上げなどには、本当に奇跡を感じました。そのほかにもお買い上げいただいたシュールを愛好する方々、ほんとうになりがとうございました。いえ、ありがとうございました。

期間中まったく会場に行かなかったことはもうしわけのないことです。美術活動が充実して大変幸せでしたがそれについてはすいませんでした。脚力的な根性が足りませんでした。もう乳酸がすごくてもう・・・。

次回個展は晩夏にと思っていますがその前に必ずいま描いているまんがを投稿しないことには思いが果たされないので先にそうしたいと思います。夏までに終らなかったりすると個展はできないのです。なぜかできないのです。

グループ展、個展と続けざまに制作してみて、いろいろな奇をてらったり、逆に思いだすこともありありとありました。あのやり方でやり残したことがあるんではないか?
つぎの発表はたぶんT展に出させてもらうナニガシになりそうですが、学校関連だし、少しもどり道の道のりにおいてばぜさこんにぜひ興じたい思いでおります。ごっちゃごちゃになりたいのですよね。

写真については売れ残り作品ですが、左の方とかは全然意味わかんないですね。意味っていうか価値わかんないですね。新キャラの「ジェノサイダー君」というキャラだったんですが、どうやらこれは説明が必要だったようです。次からも気をつけませんがなるべくキャプションはつけたいですね。世の中の「次から気をつけます」の50%ぐらいはうそっぽいですから僕は言うわけにはいきません。僕個人の場合は90%ぐらいですからね統計的に。そう思っていってるわけではないんですが抑えきれない思いというのは六郷では抑えるべきではないと叩き込まれてきたので抑えきれないんですよね。先生自体抑えきれなかったですからね。最近地元押しです。  

Posted by yamanouchifumitaka at 21:25Comments(0)活動情報

2011年02月08日

個展がありますの巻




2月8日から20日まで仙台サンモール一番町をとびだして徒歩2分、美術カフェピクニカさんにて個展を開催させて頂くことになりました。ちょっとこじんまりとした展示になっていますがお近くにおたちよりの際はチラッとだけでも見てみてください。よろしくおねがいします。

この12月、1、2月のてんじの制作のなかでどうやってつくってたかとか、絵のどういうところを大切だと思っていたかなどをうっすら思いだすとともに、アマンジている部分に歯がゆさを感じる矛盾も感じた。本当にいい経験になったなあと思うばかりです。  

Posted by yamanouchifumitaka at 00:31Comments(2)活動情報

2011年01月29日

日曜までやってるの巻



”ナンバーガールに少なからず影響を受けた芸術家展 仙台”が、まだ、いまだ、日曜日までエノマでやっています。土は18:00から飲み会があるので18:00で閉廊にはなりません。もうちょい、いい具合の時間まであいています。日曜日は18:00を待たずに出展者がゴチャッと居て片付ける雰囲気を出してる可能性があります。17時台後半のご来場はご注意ください。




 ご愛顧タマワっておりますナンバガ展は日曜まで開催です。よろしくお願いします。このたびは多数お買い上げいただいとります。ありがとうございます。画材変更に紙まで調子に乗って変えたりしてチョチョ切れていたので皮一枚踏みとどまることができそうです。さらにやってみます。

 紙とかって言うのは水彩系の絵の具を使うものにとってこだわりを見せてしまいがちな部分なかんじがする。エレキギターにとってのアンプと同じとは言い切れないですが、紙がいいとなんとなく風合いが出てしまうというのがあるので、湯水のように私財投入してしまっていたりする。気がついたらですよ。しかしちょういいやつ使った時に限ってジェッソだメディウムだクラッキングだと紙関係ねえ方法で作ってしまったりする。気がついたらですよ。このメビウスはしょうがありゃしない。逆にそのゾクゾクを味わう為にわざとやってるんじゃないのかと思う。わざとやってます。1000円の紙にマッキーで書いてやっぱり捨てたりしてます。そうゆうの好きなんですよねわざとやってるわけですから。

 いや、ほんとはわざとじゃないですけどガムシャラ感の為ですからお金というのはガムシャラと交換する為の紙切れ鉄塊なのですから。これからもがんばります。漢検DS3級(アッサリ15分テスト)合格!次は準2級目指してがんばります。ナンバガ展、日曜までよろしくお願いします。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:14Comments(0)活動情報

2011年01月27日

少なからずなりともの影響が根底に流れている展開催されてまっせ



ナンバガ影響受けてる展 仙台 30日(日)までエノマで開催中です。表現主義を愛する方だけにはぜひ見て頂きたいです。

 あと、2月8日からピクニカで2週間個展させて頂くことになりました。おいおいお知らせをのせたいと思います。

 ナンバガ展も2日目となり、たくさんの方々に足を運んで頂けてこちら側の人たちはほんとにガテーなガテーなって言っております。ガトザス。本当にガトザス。
 飾った時、制作しているなかで1番神経が研ぎすまされるその瞬間に、やっぱりその場で破壊しようか迷う作品というのはある。それを人は、「急に作品を破壊したら怒ってるみたいだから、そういう騒然とさせるようなことはやめよう」と考えて破壊はとりあえずしないものである。今回は2個ぐらいそうだったな。名取とか江戸とかどうしようもないからな。

 今日は雪降るみたいですが吹雪の中を来て頂いてもきっと誰かがお菓子くれたりすると思います。くれなくともきっと、ま、いいかぐらい以上の展示になってますので、みなさま安心してご来場ください。僕がいくつか粗大ゴミを展示していることを除いて考えてくださいしつれいいたします。  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:55Comments(0)活動情報

2011年01月24日

きたる今週火曜日は・・・の巻




1月25日(火)から、エノマで今年1発目の3尺玉「ナンバーガールに少なからず影響を受けた芸術家展 仙台」が開催されます。一見の価値ありですのでみなさまふるってご来場ください

 今日搬入だったんですが、ニュー・エノマ(展示スペースがまさかの改装・・・?みなさま自身の目で確かめてください)の開放感に解放された僕たちの魂はスラスラと洒脱な展示を進めていくことができました。それもひとえにニュー・エノマの開放感のおかげですありがとうございました。使いやすい!

 ナンバーガールのことを思いだしたり、現代美術の風にあたったり、最終的に土曜日には日本酒飲んだりできる展覧会だと思います。よかったら覗いてミテクダサイネ。

 今回は非常に濃密なアーティストの方々とのグループ展ということで気合いを入れすぎて個展と同じぐらい描きました。裏特色の一つに、宍戸誠のピクニカ/エノマ初見参があります。僕は大学の同期なんですが、ついに彼とグループ展できるとは感慨もひとしおです。思わず隣に陣取ってしまいましたね。

 火曜日から日曜日までやっております。よろしくおねがいしますーー。

  

Posted by yamanouchifumitaka at 01:28Comments(2)活動情報

2010年12月07日

騒やかな開催の巻




 このDMは加藤高志さんが作り上げ、入校し、完成させました。かっこいい!このDMは考えられないぐらいレア化すると思いますので皆様預金すると思ってどうぞお持ち帰りになってください。



 何のDMかと申し上げますと、
ナンバーガールに少なからず影響を受けた芸術家展 仙台の超公式DMとなっております。
Enomaにて新年1月25日より開催される展覧会です。
ホット・メンツ・・・八代さん、シュガーさん、わたし、まことくん、近江谷さん、加藤さんが出展のグループ展となっております。ナンバーガールの名を冠することにとりすましていいしれない衝動と焦燥を覚えてる6人。

 美術表現の道に踏み込んだ時にちょうど聴き始めたナンバーガール。その作品やアートワーク、歌詞、向井氏の服装など目の当たりにするにつけ私はそのたびに、自分のソレをソノままで表明せいとかきたてられている次第でありました。そのころの思いで作った作品をこの前まちがってゴミに捨ててしまうところでしたが、直前で気がついたので良かったです。あ、ちがう、これは今度のやつだ、と。俺は子安なんて知らないですよ。

 会期はまだ先なので、私はときどきまたこうやってiMac インテルデュアルコアプロセッサ搭載初期型の有線マウスをつかみ狂い、さらに深い詳細をさらす為にうたい、ずれつつある机上全体をたて直すのであります。鍋島藩脱藩広域指定重音楽

 言いたかっただけではありません。
 
  

Posted by yamanouchifumitaka at 19:05Comments(0)活動情報

2010年12月05日

親父に送ってもらうの巻




才能豊かな若手アーティストの異空間「若手アーティスト招待展」が、新現美術協会様結成60周年記念展の中に今日から組み込まれました。

 「若手アーティスト」の部分が韻を踏んでいる上に「才能豊かな」を冠することを気に掛けないメンツと仮定された上で招集された若手の皆様方とともに、今日、早朝から搬入が行われ、北折先生、淳一先生のトークショウまでが開催されました。
 力作がそろって踏んでいたところだったんですが、どうしても1階オープンスクエアだとあのついたてが出てきてしまうのがちょっと公民館。公民館感。
 この度の私事はまたかき込みの少ない作品を出してきました。あれで毎晩頭痛がして寝るというきつい制作になったから考えすぎたのかもしれませんが、あれがいまの私のベストなんですなきっと。

 そして即ナンバガ展にかからないと間に合いません。という最高の馬場状態にうなりを上げるナムラの毛先たちです。HOT ALBUMがもうすぐ超レア化しますので、お買い逃しの無いようにご注意ください。子安さん尊敬しています。
冬至(?)  山内 文貴



 
   

Posted by yamanouchifumitaka at 19:12Comments(0)活動情報

2010年08月25日

お知らせの巻




 このたびわたくしは所属していたロックバンド「タトラ」を脱退いたしました。

 絵を描いたりまんがをかいたりフォークソングを作ったり唄ったりする活動との両立ができなかったことが理由です。 

 愛想の無い私がタトラで経験できたことはすごく貴重なものでした。これからは有形芸術・フォークソングのインスタレーション活動に専念したいと思います。

 タトラはまた1からバンドを作って続けていくとのことです。それぞれの山のぼり、フリークライミングをこれからもよろしくお願いします。

   

Posted by yamanouchifumitaka at 18:51Comments(4)活動情報

2010年08月19日

真夏を体験したの巻




山内文貴 渾身のサードアルバム
「千利休」本日発売!

 収録曲目
 
1、マイコンディション(新曲)
2、メッコーリング(新曲)
3、山のあなた(新曲)
4、ハイライト・シーン(新曲)
5、うちの近所の麦畑(新曲)
6、浴衣(新曲)
7、雷(新曲)
8、山吹色に染まれ(新曲)
9、きむんち行ってこよ(新田)

9曲入り/¥1,000 YBST-0001 ©山&文STUDIO

お取り扱いは いつもお世話になっております、仙台市青葉区一番町1−5−31大友ビル1階/美術カフェPICNICAさまオンリーとなっております。現在お店にあるぶんの初回出荷版のみボーナストラック2曲(メドレー性の高いメドレー、高3の時に作った曲)が入っております。ピクニカさんにおたちよりの際はぜひご覧になってみてください。

 昨晩はピクニカさんのイベント『スケッチ・デイ』にライブをねじ込んで頂きました。優しさやスベリ、寄せては返すうしおが錯綜しつつも声が裏返ったり、ヨレヨレしたりしながらライブをもさせて頂きました。昨晩居合わせた方、来てくださった方、ありがとうございました。

明日は20時からパンドラで、いや、パンゲアでタトラのライブがあります。こちらもよろしければよろしくお願いします。山内  

Posted by yamanouchifumitaka at 19:12Comments(0)活動情報